ふり仮名。
街名

この街にある駅
基本、大きい街には複数駅が集まっている。
大きい街だから集まったのか?
駅が集まっているから大きい街になったのか? たいていは前者だろう。
1番上に記載されている駅がメインターミナル。
JR線の乗降客数は乗客数を2倍にしたもの。
なので正確な数値ではありません。
降客を含めた数値は調べられていない?のでしかたない。
考えてみればわかるかと思うが、「乗客数と降客数は基本的に同じ」なので、
「乗降客数」と「乗客数×2」はほぼ等しい数値になる。
細かい数値を気にすることなどないと思うのでこれでいいかと。
駅の人の多さ=乗降客数。
人の多い(乗降客数の多い)駅ほど駅前にも人が多い。
乗降客数=その街の人の多さ。とも見てとれる。
乗降客数10万人近いくらいの駅から駅構内、
駅周辺が本格的に「人ゴミ」と言える(ように思える)。覚えておこうか。
乗降客数は基本どの駅も年度毎に大きな変化はない。
(数十年単位で見たらさすがにあれだが)
そのため、古いデータを現在に当てはめてもあまり差し支えない。
(人口、駅の数なども同様)
当コンテンツ内で記載されているデータにも古いままのケースがありますが…
あまり気にしないでください。

市街地規模:
市街地の広さ。
★×0=駅前商店街のない街。…そもそも「街」ではない。
     だから★×0の街は省くべきだが、「参考として」入れた。
★×1=一応、駅前商店街がないわけではない。
★×2=とりあえず町と言えるレベル。
★×3=普通に駅前商店街がある。
★×4=わりと駅から離れたところまで市街地が続いている。
★×5=大きな街。駅前には大きなビルが建ち並ぶ。
★×6=県内屈指の市街地規模。

局部繁栄度:
最も発展している一角のみを見て判断した街レベル。
★×0=そもそも街ではない。
★×1=一応、駅前商店街がないわけではない。
★×2=とりあえず町と言えるレベル。
★×3=普通に駅前商店街がある。
★×4=ビルが建ち並んでいる。またはなかなかの賑やかな商店街がある。
★×5=都会的なビル街や繁華街がある。
★×6=非常に華やかな繁華街がある。

各街を↑のどれかに当てはめてランク決めしています。
計画都市は当てはめるのが難しい場合あり…。

市街地範囲の町丁
その街の市街地範囲に含まれる全町丁。
少しでも含まれているなら含まれる。

主な大型商業施設
その街の市街地範囲内に存在する主な大型商業施設。
太字のは特に大型なデパートやデパート風スーパー、大ショッピングモール。
主な大型商業施設が特にない街にはこの項はありません。
過去に存在したもの
過去に存在した主な大型商業施設。

メイン通り
どの街にも街の賑わいの中心を担うメイン通りがあります。
北側南側、または西側東側とで2か所選出している場合も。

この街にある高層ビル・マンション
選出されているのは航空障害灯(赤いランプ)の
設置が義務付けらる地上60m以上の建物。
(義務付けられているにも関わらず、その高さ以上でもなぜか航空障害灯なしの建物は存在します)
150m以上の建物の航空障害灯はランプが点滅している。
ちなみに地上60mというのはだいたいマンションで20階建て、オフィスビルで14階建ての高さ。
ビルよりマンションの方が階数のわりには高さが低い。
マンションのイメージに押されて
十数階建て程度のビルはあまり高くないと思われがち。
20階建てビルは20階建てのマンションよりも圧倒的に高い。
「総戸数」の項があるのはマンションのみ。当然だが。
60m以上の建物がない街にはこの項自体、なし。

‐ マップ ‐

 ここのマップの主な特徴は以下の点。

・市街地(商店街)の道のみしか書いていません。これが肝。
 (↑とりあえず見てみれば意味がわかるかと)
 筆者の主観により、市街地内に部類する道かどうかの判定を行っている。

・マップ内に書いてある施設は基本、駅、大型店、高層ビル、
 それに規模の大きな公園のみ。

・道に濃い色のつけてある場所=人通りの絶えない場所。

・字が小さいです。すみません。

 街の規模やデパートの数などが一目で分かるマップだと思います。
 シンプルなようですが都会レベルを知るのに最適なマップ。
 コメントなどもマップに基づいています。
 どこも完全調査積みではないので…グレードアップ?の可能性あり。

              この街について

その街全体に言えるコメント。


                 エリア別

その街をいくつかのエリアごとに分配し、
各エリアごとに詳しくコメントしていきます。



Q:ほかにも同じかもっと詳しいデータが載っているサイトがあるので
 データを載せている意味がない?ここ首都圏街詳細コンテンツ自体も存在意義がない?
A:いずれも管理人の見たいデータのみを凝縮し、
 知りたいことを分かりやすくまとめたサイトではありません。
 そんなサイトあったんだ、知らなかった → 唖然 となるような馬鹿管理人ではありません。
 ここはデータだけでもありません。
 ここは自分自身の見たい街情報サイトの理想系を形にした感じ。
 自分のために作ったコンテンツとも見れる。

- 首都圏 街詳細 -