>
ふなばしけいじょう

この街にある駅
所属路線駅名1日平均乗降車客数開業年月日
京成本線船橋競馬場駅1万8908人(2009年度)昭和2年8月21日

市街地規模:★☆☆☆☆☆
局部繁栄度:★☆☆☆☆☆

市街地範囲の町丁
船橋市 宮本8、4、9、若松1

メイン通り:千葉街道下り側



                               この街について

もちろんのこと、船橋競馬場の最寄り。
突然だがここはかつて「センター競馬場前」という駅名であった模様。
センターとは船橋ヘルスセンター(この近くに存在したレジャーランド)のことであったとか。
ヘルスセンターが消滅したので単に船橋競馬場になったと。
ららぽーと競馬場とならなかったのはそれでは語呂が悪いのと、もっと近い最寄り駅がそちらにできる予定があったからか?
というかセンター競馬場前…というと何かここの競馬場、船橋競馬場ではなくてセンター競馬場とか格好いい名前の競馬場なのかと思ってしまうのでは?
船橋競馬場ということをすでに知っていたら今度はセンターて何??となる感じ?
ヘルスセンターとはなかなか思わなそう。
船橋ヘルスセンター跡が南船橋エリア一帯なので、ヘルスセンターの最寄りであったここはもちろん南船橋エリアに近い。
しかしヘルスセンター跡にJR京葉線が通り、南船橋駅ができたことで、ヘルスセンター跡エリアは南船橋のエリアとなり、船橋競馬場のイメージは薄れた。
でもしかし、未だ南船橋エリアと直結していないこの船橋競馬場も、南船橋エリアの最寄り駅の1つとされている。
京葉線で来にくい場合、強引に南船橋に行くことはなく、少々距離があるが、京成のここでも良いと。
その場合ここが玄関に。
船橋から南船橋へ行く場合も京成で来てここで下車だ。
南船橋へ行こうとすると一旦方向の違う西船橋に行かなくてはならず、時間がかかってしまう…。
センター競馬場前(現船橋競馬場)は昔はヘルスセンター(現南船橋エリア)のメイン玄関でしたが、今は南船橋エリア(旧ヘルスセンター)のサブ玄関と。
高年齢の方はこの駅をセンター競馬場(「前」はつけない)という。普通疑問を感じるでしょう。
隣の谷津も昔と駅名が若干変わっている…。
どちらも同じ駅だと分からないようなことはなさそう。
ちなみに船橋ヘルスセンター閉園と同時に船橋競馬場駅に改名したのではなく、ヘルスセンター閉園後も数年間はセンター競馬場のままであった模様。
巨大ショッピング“センター”ららぽーとのこと。ということにでもしていたのか?
だとしたらセンターがショッピングセンター…。ららぽーとを単にショッピングセンターとか…誰も、わからない。
船橋競馬場…と単に競馬場名になったのはつまらない気もする…。
船橋の競馬場ではなくて船橋競馬場。
センター競馬場前のさらに前は、花輪駅という駅名であった模様。
さすがにそのころを知る人は少ない。
「花輪」とは何か?そのような地名は存在しない。
この駅だけでない。この付近には花輪とつく施設があちこちに存在する。
…何かこの付近にそびえ建っていた花輪城という城名から来ているとのこと。
でも実際に花輪という地名だった時期はない。にも関わらず、なぜか地名のようになっている。
花輪城の跡地は船橋競馬場駅と東船橋駅の中間地点辺りにある神社(茂侶神社)。


                                  エリア別

- 南口 -

駅を出たところの大通りは国道14号(千葉街道)。
少し西にバス乗り場があります。
南船橋エリアへここからバスで行く人が多い。徒歩でも行けますが。
南口~このバス乗り場間は人通りが絶えない。僅かな区間だが。。
人通りのあるこの僅かな区間の通り沿いには店がびっしりと並んでいる。
こういう一角を見逃さない…。ここに店構えれば繁盛する。
駅とバス乗り場の間が少し離れているために、この一角は発展した…。
道路の反対側はロードサイド型店舗しかない…
駅前に横断歩道、ないし。
道路の駅側の店は通行人対象、反対側の店は通行車対象となっていてバランスが悪い…。
千葉街道の向い側の奥(船橋競馬場駅~船橋競馬場間)は…何かやけにホテルが多い。
5件もの怪しいホテル(ラブホテル)が。。
競馬場と何か関係しているのか…?
船橋競馬場駅南、船橋競馬場北の一帯…。
京葉道路を取り囲むようにホテルが密集する。
京葉道路南側のホテルは船橋競馬場に面している。
京葉道路は空中を通るドーム壁に覆われた有料道路。
京葉道路からこの近辺にすぐに出ることはできないので、ホテルができたことに京葉道路はあまり関係していないかと。
何気にラブホテル街。
で船橋競馬場の“商店街”はほとんど駅~バス乗り場間のその一角だけ。ほんの少し。
南船橋エリアまで商店街で結ばれていたりはしない…。
商店街は“バス乗り場”まで。



- 北口 -

南船橋と反対で影が薄いですが、北口もあります。
出入口は線路沿いの裏道。
駅目の前に店が数件。
少し西へ進むと、バス乗り場から線路越しに北に伸びている通りと交わります。
この通りは古びた商店が並んでいて味わい深い街並み…。
ここも見ようによれば商店街。
駅前だからこそ繁栄したのかと。
この通りを抜けると大神宮の南へ通じる大通りに出ます。
この通りは千葉街道と平行していますが、交通量は千葉街道より少ない。
でも、船橋市街(かつての門前町)に近いからか店が多い。
旧千葉街道でもあるし。


この街の市街圏内の写真

- 南口 -

◆南口~バス乗り場間の通り◆
駅を出たところ。
◆南口~バス乗り場間の通り◆
商店が密集している一角。
奥に見えるのが船橋競馬場駅の入口。
◆南口~バス乗り場間の通り◆
自転車が散乱しており、雑然とした感じ。
◆南口~バス乗り場間の通り◆
だがこの一角「だけ」やけに活気がある。
◆南口~バス乗り場間の通り◆
繁華街?を抜けるとバス乗り場。
◆ホテル街◆
ホテルシップスとホテルウォーターゲート。
◆ホテルシップス◆
これは凄い。
宇宙船のような外観。
後ろに見えるのはホテルI'zベイサイド。
◆ホテルウォーターゲート◆
ここも凄い。
入口にはハチボテのヤシの木や、何か銅像がある。
◆ホテル街◆
逆側にも入口がある…。
←のマンションは船橋レディゴーシティのサングランデ船橋宮本。
もう少し早く(高さ規制ができる前に)開発されていたら
高層マンションになっていたかもしれない。
この辺に在り来たりのつまらないマンションになってしまった。
◆ホテルパンドラ◆
ピンク色の怪しげな建物。
◆シティホテルプラッツ◆
面白い外観だが、付近のその他のホテルと比較すると何かシンプル。
◆ホテルI'zベイサイド◆
カラフルで不思議な印象の建物。
2つの建物がくっついて建っているように見える。
◆ゴミ置き場◆
ホテル街の横には古いゴミ置き場?が。
◆ゴミ置き場横◆
植物の虜状態の家屋が。。
非常に薄汚い感じの一角。
◆南船橋エリア東端の大通り◆
その向かい側。
◆船橋競馬場◆
→船橋競馬場入口。
競馬場の北側←には船橋競馬場駅方面に建ち並ぶホテルやマンション群が見える。
◆船橋競馬場◆
船橋競馬場入口。
◆船橋競馬場◆
船橋競馬場内部。
トラックの広さに驚かされる。
船橋オートのトラックより圧倒的に広い。
西側には三井ビル、サザン、ロジスティクスパークなどの高層ビルが見える。



- 北口 -

◆北口前◆
影の薄い北口。
◆北口前◆
正面が駅。
◆バス停から北に伸びる通り◆
この通りが密かに商店街。
◆バス停から北に伸びる通り◆
というかシャッター街。
◆バス停から北に伸びる通り◆
反対から見た感じ。。
◆バス停から北に伸びる通り◆
まるで廃墟。
◆旧千葉街道◆
その通りを抜けた先の大通り。
大通りにしては狭い。
◆旧千葉街道◆
ここを少しいくと船橋市街。


 テクノステーショントップ > 首都圏 街詳細 > 船橋競馬場  1つ戻る