本町4丁目路地
最大繁華街の路地。





船橋本町で最も繁栄している路地はこの地区の路地。
駅前通りの裏通り「駅前東通り商店会(山口横丁)」、本町通りの裏通り「御殿通り商店会」、
駅前通りと山口横丁、御殿通りを結ぶ細い歩行者専用の通り「仲通り商店会」などの繁華街が存在する。
飲み屋街やひっそりとした怪しげな路地も数多い。
どこも夜は雰囲気が一変します。夜の店ばかり…
居酒屋などの多い駅前通り一本裏の駅前通りと平行する山口横丁はかつては駅前通りよりも栄えていた模様。
駅前通りがサブ山口横丁!?(現在は山口横丁がサブ駅前通り)
山口横丁に「山口横丁」や「駅前東通り」の文字がどこにも見当たらないのはちょっと寂しい…。
駅前通り、中央通り、北口商和会、海神共栄会(ほとんどじゃん)もだが…
JR高架や本町通り前に何か山口横丁の証がほしいところ。
ゲートなんかは今の時代新たにできるようなものではないのでせめて看板でも…。JR高架をゲート代わりにする。くらいならありえそう…。
しかし駅前通りと山口横丁の間の通りはどこも味があります。
その中で1番長くて発展した仲通りは駅前通りと山口横丁を結ぶ通りの代表格。
全体で商店会として統一化されてるくらい。
仲通りは一本の通りではなく、真ん中辺りから二股に分岐しています。それで駅前通り側だけ入り口が2つある。
かなり細い道で、駅前通り山口横丁間で一番駅から遠い部類にも関わらず、まだ人通りがあり、商店密度が半端じゃない。怪しい店も多い。
車は入れないんで、通りません。
石畳の歩行者の道。
古いアーケード街を入った路地らしい昔ながらな商店街だ…。船橋らしさが残る…。
二股の両通りを結ぶ裏の裏通りなんか雰囲気MAX…。
ちなみに山口横丁、駅前通りに面する仲通り出入口には仲通り商店街のゲートが設置されています。
駅前通り側の方はゲートが見えなくならないよう駅前通りに架かるアーケードがゲートのところのみアーチ状になっています。面白そうな感じ…
ちなみにゲートに載っている商店街の店舗紹介には長崎屋…とか今や現存しない店名が…更新させていないw
船橋市内にある商店街ゲートは中山商店会のゲートがなくなってしまったため、おそらく仲通り商店会のみ。
なんか昔には大神宮正面の本町通り入口のとこに「船橋銀座」のゲートが…。
船橋銀座!って………
あれは道路拡幅の時に撤去されたのか…?
更に昭和30年代の写真を見てたら南口正面の駅前通り入り口のとこにいきなり「船橋市」のゲートが…!
車道を覆うゲートなんでなかなか巨大だ。
舟を図案化した船橋市章のアクセント…それや電光掲示板が取り付けられている…。
なかなか派手で豪華だ…。
夜はネオンキラめいている…。
繁華街を意識してる…。
繁華街の船橋だからこそ違和感ないため、こんなのが作られたのだろう…。
このゲートは理想的だ…。
まさに船橋市の玄関、南口のその南口のメイン通り入り口で駅の目の前に…船橋市のゲート…。
まさに船橋市のゲートにある…。
この通りが船橋市最大の繁華街であることを思わせる…。
JR~京成間の乗り換え客の通る凄まじい人通りのとこにあり、多くの人が目にする。
「駅前通り」じゃなくて…「船橋市」だ…。
このゲート、早々と撤去してしまったのはもったいない…。
船橋らしい昭和の時代のものを新たに作っていっていた時代のもの。
これから昭和(昭和の街づくり思想)は帰って来ない…どんどんと船橋らしからずまとまっていくのみだ…。
新たな思想でしか街づくりはされない…
そういうことだ。どこだって同じ。
今の街づくり思想↓
①広くて開放的 ②一般道は一般道らしく濡れてもいいから空が見える ③看板は計画的にまとめる
④建物と道路のあいだに間を空ける(セットバック) ⑤やたらな感じではなく、未来へ向けてデザインなどはモダン(昔の西洋風モダンではない)
⑥立体化 ⑦賑わい創出をしない ⑧マンションしか高い建物が建たない…など。
昔の街づくり思想↓
①やたらに街をつくる ②道路に面して建物を建設して通行人などに建物に入ってもらえやすくしている ③商店街形成…など
商店街の街並みの一角に今の思想の建物が突然建てられると街並みの景観が乱れる…。
少しは空気読んでほしい…。
…大神宮前の船橋銀座ゲートもまさにメイン通り入り口にあって理想的だった…。
…ちなみに船橋市内の銀座通りは大穴銀座通りのみ。
本町通りは本町通りで船橋銀座通りではありませんから。
昔にはゲートやアーケードはもっとよくあったことだろう。
今あるものは全部かつての生き残り。
密集した商店街なども。
賑やかな街並みはもう生まれない、戻らない。
…本町通り寄りの方の仲通り入口にはゲートがありません。
その代わりに入り口頭上のアーケードに「船橋ハワイ」という看板が乗っています。
都市に興味を示し始めたばかりの小6~中1のころ、
船橋ハワイてもしや船橋なのにハワイアンなヤシの木でも生えてる商店街路地“船橋ハワイ商店街”かと思って気になっていた…
船橋にそんなとこあるわけないと思いつつも…。
だが船橋ハワイはそこ少し入ったとこにあるギャバレー店の看板でした…。。
「商店街の名前」ではなかった…。残念でしたかなかった…。
あと仲通り隣の1番ひっそりした路地入り口頭上の「ルーキー」の看板…!!
そこの路地は可能性を秘めた「ルーキー商店街」…ではなく、
これもそこ入ったとこにあるパチンコ店の看板であった…。
商店街の名前ではなく、店の看板…。。ややこしいなんなのか…?
本当残念だった…。
ルーキーに船橋ハワイに仲通り…路地にいろんな商店街があるな…いろんな商店街があって面白い…て感じだった…。
あのころは自分の中の未開の地が溢れていた…。
こんなみじかなところにも…。
街を知り尽くせていなかったあのころはどんなとこも絶対的に“こうだ”って感じではなかったので、可能性を信じ、想像を膨らませ、期待できた…。
知り尽くせている今は夢のようだが、つまらくなった…。
いずれこうなることは承知の上で、もったいぶって散策してきたわけだが…。はい
本町通りすぐ一本裏、本町通りと平行するサブ本町通りの御殿通りは御蔵稲荷神社、本町中央児童遊園(公園)前の御蔵稲荷神社参道的通りまで
とされているようですが、実際はその先、海老川を渡って大神宮前まで商店街は続いています。
この通り、現在は駅から遠いため、寂れていますが、昔は本町通りに負けず劣らず繁栄していたような雰囲気を感じます。
山口横丁とかと違って街灯や地面に埋め込まれたタイルに「御殿通り」の文字があるので
なにも知らない人も「ここは御殿通り」と認識できます。それにしては船橋の御殿通りなんて知名度が低い…
仲通り、山口横丁と比較すると御殿通りはイマイチな商店街ですが、たまに街灯に商店街の花飾りを取り付け、商店街をアピールしている。
山口横丁にもたまに花飾りが飾られる。
以前は駅前通りにも飾られていたが、最近は全く出現しなくなりました。
あれなんなんでしょう…?商店街がなぜ花飾り…商店街アピールになってて好きなんですが…。
商店街アピールの花飾りの飾られる商店街、船橋市内ではあとは二和向台商店会、二和中央商店会、中山商店会、ときめ木ロードとか…。
「ときめ木ロード(芝山中央通り)」のは一部風で折れ曲がったこともあってか全体撤去された…。
ときめ木ロード北の「高根サンキュー商栄会」の看板にも花飾り差す穴があるので昔は花飾りあったのだろう…。
頭上に国旗が張り巡らされた商店街なんかもたまにありますね…。またなぜ国旗…
花飾りよりレベルが高いイメージ…。
仲通りにもたまに国旗出ます。
船橋あとは高根公団南口商店会…。
御殿通りは花飾りのほか、歩道が石畳だったり赤いアスファルトだったり、
街頭のデザインも独特でそういうところにも商店街らしさがある…。商店街風味?がある…。
本町通りと御殿通りを結ぶ路地も店が並ぶ怪しげな路地だったりします。
だがやっぱもう駅から遠く、駅前通りと山口横丁を結ぶ路地と比較すると人気がなくてマジな感じではない…。
ちなみに御殿通り沿いには徳川家康が宿泊した巨大な船橋御殿が存在したらしい。
船橋御殿があったため、御殿通りという。
船橋御殿の中心であった場所には東照宮が建造されています。
東照宮とは徳川家康を祭る神社。
船橋東照宮は日本一小さい東照宮とのこと。そう名乗っているだけとも聞くが…。
他を知らないが、確かに住宅の合間のちょこっとした一角だけで、社殿?もほこらのようなもの…。
そこは直接御殿通りに面してはおらず、
御殿通りから少し入った住宅街のど真ん中の行き止まり突き当たりに住宅に囲われながらちょこっと存在します。
もう道路が張り巡らされていてなんでもない住宅街に変貌していて船橋御殿は跡形もない。
船橋御殿の敷地が広かったことを伺える。
ここが中心で御殿通りまでの距離を考えると…。
船橋御殿内でも主要な場所であったのだろう…。
普通に東照宮に行くには御殿通りを通らざるをえない…。
船橋御殿は東西にも広がったようなんで御殿通り北側は大体船橋御殿で占領されていたのだろう。
御殿通りなんて呼ばれるようになっただけある。
船橋御殿がもし御殿通りがなくて本町通りに面してたら当時本町通りの商店街北半分がなかっただろうから、裏通りの存在は大きかった。
本町通りに面して土地を取得することなんでもうできなかったかもしれないが…。
当時の御殿通りは道路北側が占領されつつも南側は今より栄えていたのだろうか…?
ちなみに船橋御殿の敷地であったとこを御殿地と呼ぶことがあります。
…変わりますが、本町中央児童遊園の場所はかつて船橋市役所だったらしい。
ここにあった船橋市役所の建物は当時モダンな西洋風の立派な建物だったようで、あれが御殿通りから消えてしまったのは寂しいかも。
市役所できて御殿通りがよくある市役所通りに改名されてなくてよかった。
市役所跡中央児童遊園隣には不吉な一角が…。
ここが御蔵稲荷神社。
神社はどこも不吉ですが、ここは極めて不吉。
真っ赤なんです…。
鳥居だけじゃなくて中の建物や灯籠や掲示板やブロック塀まで…。
稲荷神社という神社は魔除けだかなんだかでとにかく赤いようだが、ここは特にべったり赤いみたい…。
血まみれの死人の魂が宿っていそうだ…。
何もかもが真っ赤…血だらけ…というか深く思うとここは異空間チックな雰囲気と
神社のレトロチックさが噛み合わないようなこれも昔の日本って感じなような異様な空気が醸し出されている…。
大昔の異空間…未来へタイムスリップしてしまいそう…。
大昔なのでハイテク技術ではなく、ここの神の力でタイムスリップ…。
現代へ戻してほしい…現代だが…て感じ。
ともかく怖くて立ち入れない…。霊界か過去へ引きずり込まれそうで…
公園から敷地がもろ見えで気味悪い…。
MOTHER2のハッピーハッピー村を連想してしまう…。
ハッピーハッピー教団に対抗的な推奨カラー赤の教団が…?
ちなみに御蔵稲荷神社は食物の神を祭る稲荷神社で、一見怖いですが、特に怖いとこじゃありません。そういうとこ?
神社の場所には住民を救った食物倉庫の蔵があったらしい。
さらに御蔵稲荷神社は海と結ばれてもいる。か?
…御殿通りに面する神社は御蔵稲荷以外に厳島神社もあります。
御蔵稲荷神社の方が印象的。参道的通りもあるし…
神社があるとレトロな雰囲気が引き立てられ、味わい深い商店街の景観になる…。
で御殿通りがここ中央児童遊園や御蔵稲荷神社前までなのは、御殿地の御蔵稲荷神社も市役所もここだったから?
目的地までで終点?
目的地までで終点でここが目的地とすると御殿通り商店街が発足した(範囲が定められた)のは船橋御殿がなくなってからか。
船橋御殿と市役所や御蔵稲荷は共存してはいないだろう。
船橋御殿内のここも東照宮の場所よりかはあれでも何かあったという可能性はあるが。食物倉庫はあったようだが。
また船橋御殿は海老際まで広がっていたことだろうが、かつては海老川の川幅が広く、
ここが海老川際で船橋御殿の東端だったということはあるだろうか?
この先は船橋御殿じゃない。というか水域で道がなかった。なんて。
御殿通りがここまでな理由は果たして…??
大昔の話が入っちゃいましたね。本当に大昔です。徳川家康がいた時期。
御殿通りとりあえず終点のここから南に主要な通りっぽい通りが伸びています。
それがその御蔵稲荷神社参道的通りだがこれも何か関係は?
御蔵稲荷神社参道的通りについて詳しくは本町三丁目の項にて。
ところで仲通りも御殿通り延長線上の通りなんでサブ本町通りの一角。
仲通りもサブ本町通り。
仲通りと御殿通りは同じ通りと見なすこともできます。そのまま石畳が続いてるし…。
…たまには本町通りではなく、気分転換に裏の御殿通り~仲通りを歩いてみるのもいいだろう。
そして駅前通りの代わりに山口横丁なんか。



◆駅前通り~山口横丁間の通り 1本目◆
細い路地を抜けた先は…カラフルなネオン街。
しかし、この手前は確実に車は通れない道なのに…
ここまで歩道と車道に分別されてる意味わからない…。
おかげで車道部分は駐輪場と化してます…。
◆駅前通り~山口横丁間の通り 1本目◆
反対側から眺めた景観。
自転車の散乱するよく分からない広場で…
行き止まり…かと思いきや…よく見ると左側の端に道があり、
そこを抜けると…そこは駅前。
◆駅前通り~山口横丁間の通り 2本目◆
割と道幅がある方。
◆駅前通り~山口横丁間の通り 2本目◆
山口横丁へ抜ける。
◆駅前通り~山口横丁間の通り 2本目延長線◆
この通りは、山口横丁を突っ切ってそのまま繁華街の通りが続く。
◆駅前通り~山口横丁間の通り 2本目延長線◆
やはりこの辺は雑然としている…。
◆古びたビル◆
その駅前通り~山口横丁間の通り 2本目延長線の通り沿い奥の方にある古びたビル。
このビルの前(だったか?)に昔、サビついてボロボロな自動販売機があった…。
あれはなんか怖かった…。
◆船橋総合病院◆
その駅前通り~山口横丁間の通り 2本目延長線の通り沿い
更に奥地の方にある異様な建物。
ショートケーキを連想させるような円形(円柱型)なのは分かりますね…。
それが内部にいても円形だということがはっきり理解できる内部構造となっています。
基本的な階構造は…
中心に円形の受け付けの区画があって…その周りが円形の廊下となっていて…
廊下の外側~外壁間が病室。といった構造。
廊下は進んでいくとまたもと来たとこに戻ってくるので…無限ループで歩き続け(回り続け)られる。
なぜこんな構造を採用したのか?機能的な構造だろうか?
わかりやすいのは利点か?
外観をこうしたいあらこうしたのか?内部をこうしたいから円形になったのか…?
どちらの思いが強くてこうしたのか…??
病院なんで一般の人でも自由に入れるんで、この内部の面白みを知っている人は多いだろう。
なぜ病院に採用したのか?病院なら採用できたのか?
松戸にも似たような病院が。
マンションがこの構造でも面白いか?受け付けの位置の場所は吹き抜けで…
パークハウスプレシアタワーが限りなくそれに近いことに気が付いた。
◆京成高架沿いの通り◆
線路跡に作られた通り。
歩行者専用で石畳。繁華街らしい。
この通り、作られて早々、通り沿いにすでに5件も店ができている。
新たな商店街の通り出現!という感じ。
◆山口横丁◆
JR駅前付近。
激繁華街。
◆山口横丁◆
京成高架の北側。
いかにもかなり古い商店が向かい合って並んでいます。
味のある商店街…。
◆山口横丁◆
仲通り・御殿通りとの交点付近。
勤労市民センターの1階部に店が軒並み並んでいる。
◆仲通り◆
「駅前通り~山口横丁間の通り 4本目」にあたる仲通り。
駅前通りのアーケードが、この通りへと少し突き出している。
仲通りは数メートルの区間だが、アーケード商店街と言える。全蓋式だ。?
古びたアーケードに、古びた繁華街の街並み。
◆仲通り◆
非常に狭い通り沿いに、所狭しと商店が密集している。
◆仲通り◆
飲み屋のほか、風俗店も多い。
◆仲通り◆
今や貴重な商店街。
◆仲通り◆
繁華街的な意識があって良い。
◆仲通り◆
昔ながらな商店街。
◆仲通り◆
この通りは…同じ仲通りでも、
「駅前通り~山口横丁間の通り 5本目」にあたる通り。
4本目の方と雰囲気に変わりはない。
こちらも道路の真ん中が石畳。
◆仲通り◆
すぐ右の建物は、旧長崎屋のビル。
駅前通りに面しており、何気に仲通りにも面している。
こちら側にはサイゼリヤが。
同じビルとはなかなか気付かない。
◆仲通り◆
ここは…仲通りの4本目の通りと、5本目の通りを結ぶ通り。
仲通りはあんなにも細い路地裏ですが…そのさらに路地裏…と。
目立たない場所なだけに…怪しい店がとにかく建ち並んでいます…。
◆仲通り◆
まるで昔の繁華街のセットのよう…。
普通に昔から生き残ってる街並みなのが凄い。
◆仲通り◆
4本目の通りと、5本目の通りはここで交わります。
交わって1本の同じ通りに…。
途中こんな三股路があるのも仲通りの面白み…。
◆仲通り◆
仲通り出口。
昔からのゲートがあったり。
駅前通り側の仲通り入り口は2か所でしたが…
途中で2本の通りが合流して1本になったので…
山口横丁側の仲通り入り口は1か所となります。出口の方は2か所に…。
仲通りは何気に駅から離れているんで…
いつまでも再開発されずにいて、こんな街並み。
今後も再開発はないでしょう。
◆御殿通り◆
仲通りゲートを抜け、山口横丁を突っ切ったとこ。
この先からは「仲通り商店会」ではなく…「御殿通り商店会」と名を変えます。
左側の建物は勤労市民センターの入るビル。
山口横丁側だけでなく、こちらの御殿通り側にも軒並み店舗が並んでいます。
繁華街の立地ならでは。
右側には昔ながらな神社が。
◆御殿通り◆
通りを奥に進んだとこ。
そこの角を右に行った通りも怪しい通り。
◆御殿通り◆
反対側から眺めた景観。
道路の真ん中は、仲通りから引き続き石畳。
◆御殿通り◆
商店街花飾りが趣きを出してる。
◆御殿通り◆
寂れた商店街の雰囲気に。
◆御殿通り◆
古びた商店が並ぶ。
◆奥野呉服店脇◆
↑の奥野呉服店の脇。
古い建物の敷地は古い。
◆奥野呉服店脇◆
奥野呉服店の反対脇。
よく見ると何となく見慣れたレンガの壁が…。
反対側の森田呉服店の脇の壁と同じ壁…。
そのまま続いてるのかどうかは謎。
◆御殿通り◆
さらに奥へ。
若干繁華街の雰囲気が残る…。
◆御殿通り◆
もう駅からは遠い。
◆御殿通り◆
ここで御殿通りは終点となっている。
しかしこの先もこの通り、そして商店街は大神宮前まで続く…。
←が御蔵稲荷神社と中央児童遊園。
◆御殿通り◆
左の赤い鳥居のとこは御蔵稲荷神社。
この神社と、御殿通りの街並みとの景観が良い…。
◆御殿通り◆
御殿通り(から続く通り?)の海老川より東側。
この奥が大神宮前の通り。
ずっと商店街になってますから…この通り何なのか?という感じ。
◆本町中央児童遊園◆
御殿通りの結構メジャーな公園。
そんな広くはないですが、旧旧市役所跡で、船橋の中心街にあるんで…。
様々な桜が順番に咲いていき、長い期間桜が咲いている。
だが一斉に咲かない分、本当にキレイな時期はない。
写真の桜は八重桜?
左下に御蔵稲荷神社の鳥居が写ってます。
そのあたりの木が↓の写真の桜ですが…
この時は見ての通りそっちの桜は散っています。
◆本町中央児童遊園◆
こっちはソメイヨシノ。
超満開。銅像もあります。
◆本町通り~御殿通り間の通り 4本目◆
この通りは、短いながら、道幅が広く、商店街で、
正面に御蔵稲荷神社の鳥居が見えます。
短い…かと思いきや、かなり長いんです。
この通りが本町三丁目路地の項で散々解説してる…
「御蔵稲荷神社参道的通り(三丁目のメイン通り)」です。
◆本町通り~御殿通り間の通り 3本目◆
本町通りの裏ですが…
この通りは…仲通りとかを連想させるような怪しい繁華街です。
緑色の舗装が怪しさを引き立てている…。
あえて怪しい感じなんですね…。どういう経緯が…?
◆本町通り~御殿通り間の通り 3本目入り口◆
この怪しい繁華街風の通りの…御殿通り側の入り口。
店舗の紹介看板なんかがあります…。
この通りは…駅から離れていて、非常に影が薄く、
地元民でも存在すら知らないような通りですが…
商店街名あっても良さそうなほどサポートの行き渡っている(いた?)
通りである(あった?)ことが分かります…。
◆厳島神社◆
ほこらや、石碑、銅像などが。
本町通りの4丁目側の奥…ですが、御殿通り側からここには来れません。
行き止まるんで。



ストリートビュー : 山口横丁
とにかくまっすぐ行くと本町通りに出る。
仲通りには入れません。
ストリートビューカーの入れない(車の通れない)道は行けない。