>
まえばら

この街にある駅
所属路線駅名1日平均乗降車客数開業年月日
新京成線前原駅6840人(2008年度)昭和30年4月21日

市街地規模:★★☆☆☆☆
局部繁栄度:★★☆☆☆☆

市街地範囲の町丁
船橋市 前原西6~8、前原東4、5

メイン通り:前原駅前通り



                               この街について

成田街道のそばですが、一応成田街道から少し入ったとこにあり、成田街道から脇に入った通り沿いにある駅で、メイン通りの商店街はそちらの通りとなっている。
この前原のメイン通り、以前は細い通りであったみたいだが、道路が拡幅され、大通りのようになった。
拡幅のために道路北側にあった商店は皆一旦取り壊され、後ろに引っ込んだ。
商店街の建物がキレイになったが、以前より商店密度が低くなった可能性は高い。
…そう思ってこの場所の過去の航空写真を見てみた。
もともとそれほど建物が密集している通りではなかった模様。
いつの航空写真を見ても同じ。
過密な商店街だった時期はない模様。
以前より商店密度が低くなった…ということはない模様。
商店密度が高くなった…ということもないと思うが。


                                  エリア別

- 西口 -

そのメイン通りの商店街(前原駅前通り商店会)を街道と反対へ進んでいくと「前原団地」に出ます。
メイン通りの前原駅前通り商店会は前原団地へ向かう通りにもなっている。
前原団地の商店街でもある?
ちなみに前原団地は数ある船橋の公団団地の中で最も古い団地のよう。
だが、もうほとんどの棟が建て替えられ、モダンな団地へと変貌している。
周辺道路などもモダンになり、いかにも近代的マンション街といった感じ。
もはや前原団地なんて名称が似合わない。マエハラシティ。のような名称でも良い感じ。
古い棟はほとんど残っていない。
なんて言ってる間に全ての棟が解体され、昭和35年の竣工当時からの建物は1つもなくなってしまっていた…。
最近まで残っていた団地の建物は廃墟のようでかなりの迫力であった。
モダンな街並みの場所の中にあったからより際立っていたのか…?前原団地消滅。
旧前原団地はY字型の棟(スターハウス)の多い団地だった模様。
上空から見ると「YYYYY」のように見えて?面白かった。
Y字型なのになぜスターハウスというのか?
「大」字型ならわかるが。。
「古い建物」というのは、近々一転して真新しい近代的な建物に変貌する可能性を秘めている建物。
古い建物=建て替えの近い建物。建て替えれば真新しい近代的な建物になる。なので…。
前原団地の棟が建っていた場所は全般的に現代的なマンションになっていますが…戸建て住宅に建て替わった場所もあります。
そこが駅に最も近い場所だから嫌らしい。
戸建て住宅があると「いかにも住宅街」というような感じで、駅前らしからない。
駅前から住宅街とか、しょぼい街みたいに思える。
戸建て住宅に建て替わった…といってももちろんのこと、建て替わってできた戸建て住宅は1件ではなく、複数件です。
「いくつもの戸建て住宅の集まる街」に替わった。
数十戸からなる1つの団地の棟と戸建て住宅では建物の敷地面積が全然違いますから。当然のこと。この敷地面積を要する超豪邸なんかない。
この前原団地跡の一角に作られた戸建て住宅の街の名称は「プラウドシーズン津田沼前原」という。
津田沼は一駅先だが、強引に前原の前に津田沼という地名を入れている。
津田沼に近いことをどうしても強調したかった模様。
津田沼の前原というわけでもない。両者はまったく違う場所。
それでここの戸建て住宅群がまたモダン。統一されたモダンな住宅群…。
団地が取り壊され、かなりモダンでシャレた感じの計画都市の住宅地ができあがった…わけだが、高い団地の建物が2階建ての低い家々なんかになってしまったわけです。
こんなでは建て替えにより逆にしょぼくなってしまった…みたいで微妙だ。
悪いがいくらシャレてても「戸建て住宅」なんかじゃ。。ある意味…。
ここもマンションなら……
もともとマンションにするはずだったとの情報も。
ここだけ戸建て住宅とか変だし…。
この土地にできるのが戸建て住宅群だとわかった時はショックだった…。
しかたない。ともかくマンションも戸建て住宅も道路もモダン。モダンなのがここの世界観。
前原駅前通りも前原団地の商店街のようですが、団地の敷地内にも商店街があります。
そこは紛れもなく前原団地の商店街。
道路を挟んで2棟、L字型の建物があり、L字に店が並んでいる。
その商店街の建物?も建て替えられていて、キレイです。
建て替えとも、このような屋外の地上部に商店街を形成させるような1つの建物?が新たに作られるのは珍しい。
こういうのはたいてい壊したらそれっきり。昭和のものなので。時代に見合っていない。
建て替え前は風情のある商店街だったのかと。
まあこのように建て替えられたことで商店街が消滅しなかったのでよかった。
この団地内商店街、前原駅前通りからは離れたとこにあり、孤立した感じ。
孤立した商店街。
孤立してるより、ほかの商店街と一続きになってる方が良い…。一続きになってると大きな街になる…。
このほかの団地内の施設も全て建て替わったようで、旧前原団地の敷地内にある建物は全て真新しい感じ。
前原団地跡のマンションの多くは「アルピス前原」などといった名称で、前原団地の名はなくなった…と思われるかもしれませんが、
市営前原団地、前原団地内郵便局、前原団地商店会など、建て替わった建物に前原団地の名前が残っていたりもする。
現在でもここを前原団地と呼んでいいのか?どうなのかよくわからない。
ちなみに前原駅はレトロな駅で、駅出入口は上りホーム側の1か所だけ…
だったのですが、2011年くらいに下りホーム側にも出入口が作られた。
以前は下りホームにいる場合、駅を出るには駅内の歩道橋?のようなとこを渡って上りホーム側へ行かないといけなかった。
それが歩道橋を渡らずに楽に下り電車に乗り降りすることができるようになった。
そうできるようにするにはちょっと通り道を作ればいいだけだった。
元からあった上り側の出入口は「西口」、新たに作られた下り側の出入口は「東口」となった。
西口と東口は線路を挟んで隣り合ってる感じですが…
一応線路の西側が西口側、東側が東口側とすることもできる。
そうエリア分けすることもできるようになった。
どっちの出入口を利用するかはどっち方面の電車に乗るかによるもので、近い方の出入口を利用するようなもの?ではないので
最寄りの出入口がどっちとかそういうのはない感じで、何か微妙ですが…。
それで一応2エリアに分けた。



- 東口 -

メイン通りを東方向へ進むと、すぐに成田街道にぶつかる。
歩道の南側は昔ながらの駅前の雰囲気で、歩道の北側は真新しい感じ。
セットバックしたのは道路の北側だということがわかりやすい。
ちなみにこの付近の地名は前原。
読みはマイバラ。
駅名の前原の読みはマエバラです。
この違いは一体なぜ生まれたのでしょうか…?
マエハラという読み仮名を見かけたりも…。よくわからない。
ここでは駅名を都市名にしてるので前原はマエバラです。
薬園台は薬円台ではなく、薬園台の方と…。
マイバラという読みはおかしい。
実際マイバラでも、そう読む人はあまりいない印象。
「マエバラ」と言っている人がほとんど。
駅名を地名のように扱っても問題ないので、マエバラでも問題ないのだが…。
地名もマエバラなのかと思ってそう言ってる人がほとんどな気がする。
間違って言ってる気がしてならない。
…2004年に地名の前原の読みがマエバラに変更されていた模様。
やはりマイバラという読みはおかしいし、誰もそう呼ばないからか?
本来はマエバラは間違いだったということを知らない人しかいなくなってしまいそうで何か気持ちよくない。
それでもマイバラという読みが残っていたり、マエハラだったりで、マエバラ,マイバラ,マエハラが混在していることに変わりはない。


この街の市街圏内の写真

- 西口 -

◆前原駅前通り◆
左が前原駅。
駅に接してちょっとしたテナントビルが建っている。
右は前原最大の商業施設、ウエルシア。
◆前原駅前通り◆
この通りに面して店が並んでいる。
◆前原駅前通り◆
左はプラウドシ-ズン津田沼前原。
住宅街のそこが商店街のこの通りに面してしまっている。
◆前原駅前通り◆
少し前まではこんなに道幅は広くなかった。
◆前原駅前通り◆
団地側の歩道には大きな街路樹が不規則に並んでいる。
道路整備で邪魔になったが伐採できず、しかたなく残してあるのだろうか?
◆前原駅前通り◆
道路の北側に店が並んでいる。
◆前原駅前通り◆
前原団地を過ぎましたが、この少し先まで商店街。
◆前原駅前通り◆
振り返ったとこ。
◆前原駅前通り◆
右はアルビス前原12号棟。入り口がシャレている。
左の通りは前原商店会。
手前の通りは元前原団地内のメイン通り。
◆元前原団地内のメイン通り◆
なんとも良い景観の通り。
◆前原団地商店会◆
片屋根式アーケード商店街のような風貌。
◆前原団地商店会◆
道路の南側の方。
右はスーパーマーケット。
真ん中に駐車場なんかがあって何か商店街というかショッピングモールのような風貌でもある。
◆元前原団地内のメイン通り◆
美しい景観の街並みが広がる。
◆元前原団地内のメイン通り◆
モダンな街中の交差点。
◆道路とマンションのすき間の庭園◆
マンションと道路のすき間が庭園になっている!
こういうような凝った設計が街並みをより美しいものとしている。
マンション自体も木のぬくもりを感じる外観…。
◆道路とマンションのすき間の庭園◆
いかにも住み心地が良さそう。
◆パークハウス木々津田沼前原◆
裏側も…素晴らしい設計です。
かつてはここにスターハウスがずらっと並んでいた…。
◆団地内の遊び場◆
謎の遊具が。
プロの設計…。
◆街中のポケットスペース◆
ここにも憩いのスペースを発見。
◆アルビス前原群の南端◆
マンションの一階部に店が軒並み並んでいる…。
◆プラウドシーズン津田沼前原◆
ここ入ってみると…まるでリゾート地!
正面奥が前原駅前通り。
◆プラウドシーズン津田沼前原◆
統一された凄い外観の家が並ぶ。
街の景観を損ねないように、電柱も茶色く塗られている。
電柱は茶色いと「木」に見える。
◆プラウドシーズン津田沼前原◆
景観を良くするためか、車の速度を落とさせるためか、道路をクランクさせている。
◆プラウドシーズン津田沼前原◆
カーブの場所などは石畳になっている。
まるで何かおとぎの国にいるかのよう。
せっかくなら街内の道路、前面石畳にしてほしかった。
◆プラウドシーズン津田沼前原◆
緑も豊か。
…もはや信じられないかもしれないが、
少し前まではここに荒れ果て、おばけ屋敷のような風貌と化した団地の棟が建っていた。
◆街中の公園◆
マンションの敷地の余った土地が公園のようになっていたりする。
右はプラウドシーズン。



- 東口 -

◆前原駅前通り◆
この一角が1番駅前らしさを感じる。
◆巨大ウイスキーに乗るクマ◆
成田街道に出たとこにこんなものが。。
酒屋の看板のよう。



 テクノステーショントップ > 首都圏 街詳細 > 前原  1つ戻る