>
千葉埼玉神奈川多摩

さいたま市 川口市 越谷市 草加市 蕨市 戸田市 和光市 朝霞市 新座市 志木市 富士見市 ふじみ野市 八潮市 三郷市 所沢市 川越市 上尾市 総合


■ 対象範囲の市の駅一覧(乗降客数順)|埼玉 ■

乗降客数順新しい順路線順



◆さいたま市(9路線・38駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR東北本線・高崎線・埼京線・川越線大宮50万0958人(2015年度)明治18年3月16日
東武野田線大宮26万7412人(2015年度)昭和4年11月17日
JR東北本線浦和17万5300人(2015年度)明治16年7月28日
JR東北本線・武蔵野線南浦和11万7162人(2015年度)昭和36年7月1日
JR東北本線北浦和10万3294人(2015年度)昭和11年9月1日
JR埼京線・武蔵野線武蔵浦和10万0814人(2015年度)昭和60年9月30日
JR東北本線さいたま新都心★ 9万6742人(2015年度)平成12年4月1日
JR東北本線東大宮 6万5246人(2015年度)昭和39年3月20日
東北・上越新幹線大宮 5万8324人(2015年度)昭和57年6月23日
JR武蔵野線東浦和 5万4766人(2014年度)昭和48年4月1日
JR東北本線与野 5万2126人(2015年度)大正元年11月1日
JR高崎線宮原 4万6648人(2015年度)昭和23年7月15日
ニューシャトル大宮 4万4086人(2014年度)昭和58年12月22日
東武野田線岩規 3万5848人(2015年度)昭和4年11月17日
JR埼京線南与野 3万4092人(2015年度)昭和60年9月30日
JR埼京線与野本町 2万9738人(2015年度)昭和60年9月30日
JR東北本線土呂 2万9484人(2015年度)昭和58年10月1日
JR武蔵野線西浦和 2万8630人(2015年度)昭和48年4月1日
JR川越線日進 2万6764人(2015年度)昭和15年7月22日
JR埼京線中浦和 2万5686人(2015年度)昭和60年9月30日
JR川越線指扇 2万2216人(2015年度)昭和15年7月22日
東武野田線七里 2万0711人(2015年度)昭和4年11月17日
東武野田線東岩規 2万0547人(2015年度)昭和44年12月1日
東武野田線大和田 1万9450人(2015年度)昭和4年11月17日
JR埼京線北与野 1万8176人(2015年度)昭和60年9月30日
JR川越線西大宮 1万7676人(2015年度)平成21年3月14日
埼玉高速線浦和美園 1万4820人(2015年度)平成13年3月28日
東武野田線大宮公園 1万0102人(2015年度)昭和4年11月17日
ニューシャトル鉄道博物館  9135人(2016年度)昭和58年12月22日
東武野田線北大宮  6204人(2015年度)昭和5年4月12日
ニューシャトル加茂宮  5516人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル今羽  4604人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル東宮原  4184人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル吉野原  3558人(2014年度)昭和58年12月22日

JR東北本線 ‐ 8駅
東武野田線 ‐ 7駅
JR埼京線 ‐ 6駅
ニューシャトル ‐ 6駅
JR武蔵野線 ‐ 4駅
JR川越線 ‐ 3駅
JR高崎線 ‐ 2駅
埼玉高速線 ‐ 1駅
東北・上越新幹線 ‐ 1駅


乗降客数10万以上の駅の中に「浦和」とつく駅が4つも入っている。
ただ南浦和と武蔵浦和は2つの駅の乗降客数を足した合計なので少しせこい。
ニューシャトルは基本、利用者が少ない。モノレールなので…こんなものか。
しかし東、西、南、北、中、武蔵、美園と、浦和のバリエーションは多彩。
元浦和市内の領域にある駅は与野以外、全て浦和を冠している…。(与野は与野市ではなかった)
東西南新競馬場法典日大前…よく見たら船橋も8つ。
東西中央新本みなと寺公園…千葉も8つ。



◆川口市(3路線・9駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR東北本線川口★16万4650人(2015年度)明治43年9月10日
JR東北本線西川口11万0102人(2015年度)昭和29年9月1日
JR武蔵野線東川口 6万9018人(2015年度)昭和48年4月1日
埼玉高速線東川口 2万9278人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線鳩ヶ谷 2万0234人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線川口元郷 1万8214人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線南鳩ヶ谷 1万4008人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線戸塚安行 1万3786人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線新井宿 1万0332人(2015年度)平成13年3月28日

埼玉高速線 ‐ 6駅
JR東北本線 ‐ 2駅
JR武蔵野線 ‐ 1駅

川口=市川
西川口=本八幡
のような感じ?



◆越谷市(2路線・8駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武スカイツリーライン新越谷14万7994人(2015年度)昭和49年7月23日
JR武蔵野線南越谷14万6570人(2015年度)昭和48年4月1日
東武スカイツリーラインせんげん台 6万0147人(2015年度)昭和42年4月15日
東武スカイツリーライン北越谷 5万4022人(2015年度)明治32年8月27日
東武スカイツリーライン越谷★ 4万8829人(2015年度)大正9年4月17日
JR武蔵野線越谷レイクタウン 4万8390人(2015年度)平成20年3月15日
東武スカイツリーライン大袋 1万7939人(2015年度)大正15年10月1日
東武スカイツリーライン蒲生 1万7372人(2015年度)明治32年12月20日

東武スカイツリーライン ‐ 6駅
JR武蔵野線 ‐ 2駅

無印越谷より南越谷・新越谷の方が圧倒的に乗降客数が多い。。
さらに北越谷、せんげん台にすら負けている。
どういうわけか?



◆草加市(1路線・4駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武スカイツリーライン草加★ 8万4674人(2015年度)明治32年8月27日
東武スカイツリーライン松原団地 5万6266人(2015年度)昭和37年12月1日
東武スカイツリーライン谷塚 3万7351人(2015年度)大正14年10月1日
東武スカイツリーライン新田 3万1604人(2015年度)明治32年12月20日

東武スカイツリーライン ‐ 4駅



◆蕨市(1路線・1駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR東北本線蕨★11万9002人(2015年度)明治26年7月1日

JR東北本線 ‐ 1駅



◆戸田市(1路線・3駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR埼京線戸田公園 6万6854人(2015年度)昭和60年9月30日
JR埼京線戸田★ 3万7626人(2015年度)昭和60年9月30日
JR埼京線北戸田 2万0243人(2015年度)昭和60年9月30日

JR埼京線 ‐ 3駅

無印戸田よりも戸田公園の方が乗降客数が多い。。



◆和光市(2路線・2駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東京メトロ有楽町線・副都心線和光市17万6216人(2015年度)昭和62年8月25日
東武東上線和光市★16万7949人(2015年度)昭和9年2月1日

東武東上線 ‐ 1駅
東京メトロ有楽町線・副都心線 ‐ 1駅



◆朝霞市(2路線・3駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線朝霞台15万8140人(2015年度)昭和49年8月6日
JR武蔵野線北朝霞13万8262人(2015年度)昭和48年4月1日
東武東上線朝霞★ 6万6102人(2015年度)大正3年5月1日

無印朝霞よりも朝霞台、北朝霞の方が圧倒的に乗降客数が多い。。

東武東上線 ‐ 2駅
JR武蔵野線 ‐ 1駅



◆新座市(2路線・2駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線志木10万3074人(2015年度)大正3年5月1日
JR武蔵野線新座★ 3万9390人(2015年度)昭和48年4月1日

JR武蔵野線 ‐ 1駅
東武東上線 ‐ 1駅

乗降客数10万の駅がありながら3万の駅が中心駅。。
でも新座の中心駅が志木ではあまりにもおかしいので無難だ。



◆志木市(1路線・1駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線柳瀬川★ 2万0772人(2015年度)昭和54年11月8日

東武東上線 ‐ 1駅



◆富士見市(1路線・3駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線ふじみ野 6万7250人(2017年度)平成5年11月15日
東武東上線鶴瀬★ 4万9596人(2017年度)大正3年5月1日
東武東上線みずほ台 4万1134人(2017年度)昭和52年10月21日

東武東上線 ‐ 3駅

ふじみ野を代表駅にしなかったのは、ふじみ野市に気を遣ってのことか?



◆ふじみ野市(1路線・1駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線上福岡★ 5万5979人(2015年度)大正3年5月1日

東武東上線 ‐ 1駅



◆八潮市(1路線・1駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
つくばエクスプレス八潮★ 3万8420人(2015年度)平成17年8月24日

つくばエクスプレス ‐ 1駅



◆三郷市(2路線・3駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
つくばエクスプレス三郷中央 2万4974人(2015年度)平成17年8月24日
JR武蔵野線新三郷 3万1942人(2015年度)昭和60年3月14日
JR武蔵野線三郷★ 2万8842人(2015年度)昭和48年4月1日

JR武蔵野線 - 2駅
つくばエクスプレス - 1駅



◆所沢市(5路線・14駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
西武池袋線秋津 7万9774人(2015年度)大正6年12月12日
西武池袋線所沢★ 5万6534人(2015年度)明治28年3月21日
西武新宿線新所沢 5万5265人(2015年度)昭和26年6月11日
西武池袋線小手指 4万8696人(2015年度)昭和45年11月20日
西武新宿線所沢★ 3万9238人(2015年度)明治28年3月21日
JR武蔵野線東所沢 3万0644人(2015年度)昭和48年4月1日
西武新宿線航港公園 2万8448人(2015年度)昭和62年5月28日
西武池袋線狭山ヶ丘駅 2万5831人(2015年度)大正4年4月15日
西武池袋線・挟間線西所沢 2万4811人(2015年度)大正4年4月15日
西武挟間線・レオライナー西武球場前 1万0480人(2012年度)昭和4年5月1日
西武挟間線下山口  8423人(2013年度)昭和4年5月1日
西武レオライナー遊園地西   781人(2013年度)昭和60年4月25日

西武池袋線 ‐ 5駅
西武新宿線 ‐ 3駅
西武挟間線 ‐ 3駅
西武レオライナー ‐ 2駅
JR武蔵野線 ‐ 1駅


1日に781人しか利用しない…というのはやばい。>遊園地西駅
千葉都市モノレールの栄町よりマシではある。



◆川越市(3路線・12駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
東武東上線川越12万8021人(2015年度)大正4年4月1日
JR川越線川越★ 7万6686人(2015年度)昭和15年7月22日
西武新宿線本川越 4万9266人(2015年度)明治28年3月21日
東武東上線川越市 3万5968人(2014年度)大正3年5月1日
東武東上線鶴ヶ島 3万3828人(2015年度)昭和7年4月10日
東武東上線霞ヶ関 2万9448人(2015年度)大正5年10月27日
東武東上線新河岸 2万3915人(2015年度)大正3年6月17日
JR川越線南古谷 1万6326人(2015年度)昭和15年7月22日
西武新宿線南大塚 1万6054人(2015年度)明治30年11月14日
JR川越線的場  6130人(2014年度)昭和15年7月22日
JR川越線笠幡  5884人(2012年度)昭和15年7月22日
JR川越線西川越  2722人(2014年度)昭和15年7月22日

東武東上線 ‐ 5駅
JR川越線 ‐ 5駅
西武新宿線 ‐ 2駅

川越はJR駅より私鉄である東武線の駅の方が利用者が多い模様。



◆上尾市(2路線・4駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR高崎線上尾★ 8万4020人(2017年度)明治16年7月28日
JR高崎線北上尾 3万1462人(2017年度)昭和63年12月17日
ニューシャトル沼南  3886人(2016年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル原市  2623人(2016年度)昭和58年12月22日

JR高崎線 ‐ 2駅
ニューシャトル ‐ 2駅



◆総合(17路線・108駅)◆

路線駅名1日平均乗降客数開業年月日
JR東北本線・高崎線・埼京線・川越線大宮50万0958人(2015年度)明治18年3月16日
東武野田線大宮26万7412人(2015年度)昭和4年11月17日
東京メトロ有楽町線・副都心線和光市17万6216人(2015年度)昭和62年8月25日
JR東北本線浦和17万5300人(2015年度)明治16年7月28日
東武東上線和光市★16万7949人(2015年度)昭和9年2月1日
JR東北本線川口★16万4650人(2015年度)明治43年9月10日
東武東上線朝霞台15万8140人(2015年度)昭和49年8月6日
東武スカイツリーライン新越谷14万7994人(2015年度)昭和49年7月23日
JR武蔵野線南越谷14万6570人(2015年度)昭和48年4月1日
JR武蔵野線北朝霞13万8262人(2015年度)昭和48年4月1日
東武東上線川越12万8021人(2015年度)大正4年4月1日
JR東北本線蕨★11万9002人(2015年度)明治26年7月1日
JR東北本線・武蔵野線南浦和11万7162人(2015年度)昭和36年7月1日
JR東北本線西川口11万0102人(2015年度)昭和29年9月1日
JR東北本線北浦和10万3294人(2015年度)昭和11年9月1日
東武東上線志木10万3074人(2015年度)大正3年5月1日
JR埼京線・武蔵野線武蔵浦和10万0814人(2015年度)昭和60年9月30日
JR東北本線さいたま新都心★ 9万6742人(2015年度)平成12年4月1日
東武スカイツリーライン草加★ 8万4674人(2015年度)明治32年8月27日
JR高崎線上尾★ 8万4020人(2017年度)明治16年7月28日
西武池袋線秋津 7万9774人(2015年度)大正6年12月12日
JR川越線川越★ 7万6686人(2015年度)昭和15年7月22日
JR武蔵野線東川口 6万9018人(2015年度)昭和48年4月1日
東武東上線ふじみ野 6万7250人(2017年度)平成5年11月15日
JR埼京線戸田公園 6万6854人(2015年度)昭和60年9月30日
東武東上線朝霞★ 6万6102人(2015年度)大正3年5月1日
JR東北本線東大宮 6万5246人(2015年度)昭和39年3月20日
東武スカイツリーラインせんげん台 6万0147人(2015年度)昭和42年4月15日
東北・上越新幹線大宮 5万8324人(2015年度)昭和57年6月23日
西武池袋線所沢★ 5万6534人(2015年度)明治28年3月21日
東武スカイツリーライン松原団地 5万6266人(2015年度)昭和37年12月1日
東武東上線上福岡★ 5万5979人(2015年度)大正3年5月1日
西武新宿線新所沢 5万5265人(2015年度)昭和26年6月11日
JR武蔵野線東浦和 5万4766人(2014年度)昭和48年4月1日
東武スカイツリーライン北越谷 5万4022人(2015年度)明治32年8月27日
JR東北本線与野 5万2126人(2015年度)大正元年11月1日
東武東上線鶴瀬★ 4万9596人(2017年度)大正3年5月1日
西武新宿線本川越 4万9266人(2015年度)明治28年3月21日
東武スカイツリーライン越谷★ 4万8829人(2015年度)大正9年4月17日
西武池袋線小手指 4万8696人(2015年度)昭和45年11月20日
JR武蔵野線越谷レイクタウン 4万8390人(2015年度)平成20年3月15日
JR高崎線宮原 4万6648人(2015年度)昭和23年7月15日
ニューシャトル大宮 4万4086人(2014年度)昭和58年12月22日
東武東上線みずほ台 4万1134人(2017年度)昭和52年10月21日
JR武蔵野線新座★ 3万9390人(2015年度)昭和48年4月1日
西武新宿線所沢★ 3万9238人(2015年度)明治28年3月21日
つくばエクスプレス八潮★ 3万8420人(2015年度)平成17年8月24日
JR埼京線戸田★ 3万7626人(2015年度)昭和60年9月30日
東武スカイツリーライン谷塚 3万7351人(2015年度)大正14年10月1日
東武東上線川越市 3万5968人(2014年度)大正3年5月1日
東武野田線岩規 3万5848人(2015年度)昭和4年11月17日
JR埼京線南与野 3万4092人(2015年度)昭和60年9月30日
東武東上線鶴ヶ島 3万3828人(2015年度)昭和7年4月10日
JR武蔵野線新三郷 3万1942人(2015年度)昭和60年3月14日
東武スカイツリーライン新田 3万1604人(2015年度)明治32年12月20日
JR高崎線北上尾 3万1462人(2017年度)昭和63年12月17日
JR武蔵野線東所沢 3万0644人(2015年度)昭和48年4月1日
JR埼京線与野本町 2万9738人(2015年度)昭和60年9月30日
JR東北本線土呂 2万9484人(2015年度)昭和58年10月1日
東武東上線霞ヶ関 2万9448人(2015年度)大正5年10月27日
埼玉高速線東川口 2万9278人(2015年度)平成13年3月28日
JR武蔵野線三郷★ 2万8842人(2015年度)昭和48年4月1日
JR武蔵野線西浦和 2万8630人(2015年度)昭和48年4月1日
西武新宿線航港公園 2万8448人(2015年度)昭和62年5月28日
JR川越線日進 2万6764人(2015年度)昭和15年7月22日
西武池袋線狭山ヶ丘駅 2万5831人(2015年度)大正4年4月15日
JR埼京線中浦和 2万5686人(2015年度)昭和60年9月30日
つくばエクスプレス三郷中央 2万4974人(2015年度)平成17年8月24日
西武池袋線・挟間線西所沢 2万4811人(2015年度)大正4年4月15日
東武東上線新河岸 2万3915人(2015年度)大正3年6月17日
JR川越線指扇 2万2216人(2015年度)昭和15年7月22日
東武東上線柳瀬川★ 2万0772人(2015年度)昭和54年11月8日
東武野田線七里 2万0711人(2015年度)昭和4年11月17日
東武野田線東岩規 2万0547人(2015年度)昭和44年12月1日
JR埼京線北戸田 2万0243人(2015年度)昭和60年9月30日
埼玉高速線鳩ヶ谷 2万0234人(2015年度)平成13年3月28日
東武野田線大和田 1万9450人(2015年度)昭和4年11月17日
埼玉高速線川口元郷 1万8214人(2015年度)平成13年3月28日
JR埼京線北与野 1万8176人(2015年度)昭和60年9月30日
東武スカイツリーライン大袋 1万7939人(2015年度)大正15年10月1日
JR川越線西大宮 1万7676人(2015年度)平成21年3月14日
東武スカイツリーライン蒲生 1万7372人(2015年度)明治32年12月20日
JR川越線南古谷 1万6326人(2015年度)昭和15年7月22日
西武新宿線南大塚 1万6054人(2015年度)明治30年11月14日
埼玉高速線浦和美園 1万4820人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線南鳩ヶ谷 1万4008人(2015年度)平成13年3月28日
埼玉高速線戸塚安行 1万3786人(2015年度)平成13年3月28日
西武挟間線・レオライナー西武球場前 1万0480人(2012年度)昭和4年5月1日
埼玉高速線新井宿 1万0332人(2015年度)平成13年3月28日
東武野田線大宮公園 1万0102人(2015年度)昭和4年11月17日
ニューシャトル鉄道博物館  9135人(2016年度)昭和58年12月22日
西武挟間線下山口  8423人(2013年度)昭和4年5月1日
東武野田線北大宮  6204人(2015年度)昭和5年4月12日
JR川越線的場  6130人(2014年度)昭和15年7月22日
JR川越線笠幡  5884人(2012年度)昭和15年7月22日
ニューシャトル加茂宮  5516人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル今羽  4604人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル東宮原  4184人(2014年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル沼南  3886人(2016年度)昭和58年12月22日
ニューシャトル吉野原  3558人(2014年度)昭和58年12月22日
JR川越線西川越  2722人(2014年度)昭和15年7月22日
ニューシャトル原市  2623人(2016年度)昭和58年12月22日
西武レオライナー遊園地西   781人(2013年度)昭和60年4月25日

東武東上線 ‐ 14駅
JR武蔵野線 ‐ 12駅
JR東北本線 ‐ 11駅
東武スカイツリーライン ‐ 10駅
JR埼京線 ‐ 9駅
JR川越線 ‐ 9駅
ニューシャトル ‐ 8駅
東武野田線 ‐ 7駅
埼玉高速線 ‐ 7駅
西武池袋線 ‐ 5駅
西武新宿線 ‐ 5駅
JR高崎線 ‐ 4駅
西武挟間線 ‐ 3駅
つくばエクスプレス ‐ 2駅
西武レオライナー ‐ 2駅
東京メトロ有楽町線・副都心線 ‐ 1駅
東北・上越新幹線 ‐ 1駅


大宮が圧倒的すぎる乗降客数を誇っている。
ここが県の中心駅かと思いきや、違う。
合併前、大宮は県庁所在地ですらなかった。
東武線、新幹線、ニューシャトルの駅を全部足したら乗降客数は82万にもなる。。
ちなみにJR、東京メトロ、東葉高速を足した西船橋は63万。
JR、東武、京成を足した船橋は58万。
しかし、大宮以外に乗降客数20万人を越す駅は1つもない。(千葉には9つもあります)
なお、埼玉県のこの範囲外に乗降客数10万人を越す駅は存在しません。
この範囲外の埼玉県内の駅で最も乗降客数が多いのはJR久喜駅で、7万3206人。次点は春日部駅で7万2401人。
そして熊谷駅(6万2580人)、桶川駅、(5万3902人)、東武久喜駅(5万0635人)、
蓮田駅(4万2420人)、狭山市駅(4万0480人)、鴻巣駅(4万0240人)と続く。以下3万人代以下。
いずれも市の中心駅。
埼玉県はわりと都心から離れた場所にも利用客の多い駅がある。
県全体で見ると千葉に勝っているのはどうしてか?というと、こういうことだった。



 テクノステーショントップ > 首都圏 街詳細 > 対象範囲の市(埼玉)の駅一覧(乗降客数順)  1つ戻る