たかだいだんほくとう

この街にある駅
なし(最寄り駅:高根木戸・高根公団)

市街地規模 :★★★☆☆☆
局部繁栄度:★★★☆☆☆

市街地範囲の町丁
船橋市 松ヶ丘1、高根台3

メイン通り:高根末広通り





                             こ街について

市内に点在する大規模団地のうちの1つ、高根台団地の近隣に形成された商店街のうちの1つ。
ここもまずまずの見所。
大穴銀座の少し東。
高根台団地沿い北東部に位置する。
最寄り駅は↑2つ挙げているが、高根公団駅より高根木戸駅の方が僅かに近い。
まあほぼ同じ距離なので、どちらでもいいという感じ。
高根木戸の場合、基本高根木戸中央通りを通ることになる。


                                  エリア別

- 東 -

高根台団地内の南北を横断する通りは、1本1本に、○号通りという通り名が付けられている。
一号通りに始まり、九号通りまである。
西から東へと、番号が上がっていく。
その中に1つ、商店街の形成されている通りがある。
それが八号通り。
八号通りの全域が商店街、ではない。
商店街(八号通り商店会)が形成されているのは、通り北部の片側が団地外となる区間の団地外側。
道路の片側が団地群でもう片側が商店街という形。
その区間は、かなり短い。
商店は7つほど。
寂れているというか、「それだけ」でほぼ逼迫状態。
商店を増やすスペースはほとんどない。
だがその少しの商店街の一角が、昔ながらで良い感じ。
よく見ると歩道上にアーケードが設置されている。
歩道が狭く、アーケードの幅が狭いので目につきにくいが、紛れもなくアーケード。
それだけ…ということはない。
団地に面する区間を過ぎた先(八号通りの延長線上)にも、そのまま商店街が続いている。
そこからは八号通り商店会ではなく、「高根末広通り商店会」という商店街になる。
それなりに商店街らしく繁栄している。
細い通り沿いに商店がひしめき合っている。
商店会の街路灯がまた昭和感ムンムンで、わりと味わい深い雰囲気の場所。
区間も長い。
ここを拝見すると、八号通り商店会は高根末広通り商店会の南端におまけで付いているような感じであったことがわかる。
団地寄り(南)の端の方(そちら側の僅かな区間)だけ、別の商店街という感じ。
街路灯のデザインが違うので、(ある程度知識のある人ならば)見た感じで別だとわかる。
一続きな上、短いので、普通なら「この区間は別の商店街」という発想は出にくい。
しかし、別。
両側団地内の区間に入った先に商店は一切なし。
八号通り商店会はこの通り沿いの、ここのみ。
ここにしか街路灯はない。
本当に、高根広末通りから続く、この僅かな区間のみ。
いつか市内で最も加盟店の少ない商店会であったが、そんなだけある。
少ないながら、れっきとした公認の商店会なので、いつかどんな商店街か気になっていた。
確かに、加盟店の数くらいしか商店がなかった。
前述の通り、決して商店密度が低いわけではない。
範囲が短いだけである。
ここが高根末広通り商店会に属さず、独立した商店会である理由だが、
それはおそらく、ここが「高根台団地内の八号通りという名のついた通り」だからだろう。
八号通りの商店街=八号通り商店会。
高根末広通りは八号通りの延長線上ではあるが、八号通りではない。
それがなぜかというと、高根台団地外だから。
この付近の○号通りという通りは全て、高根台団地内の通りとして名付けられたもの。
八号通り商店会の場所は、団地に面しているので、ぎりぎりで八号通り。
行政区画(地名)が異なると、商店会も異なるケースがあるので、ここもそれかと思いきや、そうではない。
2つの商店会に分別されている理由はおそらく↑
行政区画は同じ。
八号通りの団地側と商店街側とでは異なっているが、商店街側は末広通りと同じ。
それで分別はない。
頭が働かず、↑の理由が浮かばない場合、不思議に思い、考え込んでしまうかもしれない。
商店会発足時は行政区画が今とは異なっていた?だとか、
団地に面しているから団地商店街色が濃く面していない部分とは別扱い?(無理やり理由付けするならそれ)だとか。。
(↑2012年頃、筆者が考えていたこと〈メモしてあったテキスト〉)
普通に見たら、一続きの同じ通りの同じ商店街。
別の通り扱いというのは不自然。
通り名だとか、知れていませんし。
でも五、七、八号通りは商店会名、バス停名になっているので、団地内の通りの中では知名度はましな方。
どの通りにも通り名表示などはどこにもない。
一~四、六、九号通りはその名称の通りがあるかどうかも怪しく思ってしまう。
まああるものとみられる。
六号通りは…ない?
団地の再開発で通り自体が消滅したに近い。 でこの商店街の通りをずっと北へ進んでいくと、緑地(松が丘二丁目緑地)に行き着く。
「自然がそのまま残されている」ような一帯。
咲が丘緑地とは真逆のタイプ。
十字路に出て、その向かい側のところがちょうどこの緑地。
そこが商店街(高根末広通り)の終点の場所でもある。
この場所に緑地があるのはたまたまで…商店街との関係性はないのだろうか?
ないとは思う…。
「行き着く場所はこの緑地」とそう覚えていてもいい。
この一帯の商店街は「高根台団地の影響を受けて生まれた商店街」と見ることができる。
団地に面する場所から伸びているので。
見つけにくい商店街のうちの1つ。
こうも駅もない裏道にあると、わからない。
でもこういった影の薄い場所は、知っているとネタになる。
当方、見つけた時は驚いた。「凄い何か」を感じた。
この場所で、いまだよく形を保っている。



- 西 -

八号通りと高根末広通りの境付近の十字路から西方面へ少し行ったところにも、商店街の形成された通りがある。
高根広末通りの1本西側の通りにあたる通り。
そこに至るまでのその間の通り沿い(団地沿い)も若干繁栄しており、商店街は連続している。
しかし、ここは高根広末通り商店会にも、八号通り商店会にも属さないものとみられる。
通り上に商店会の街路灯はなし。
ある程度道幅があり、歩道が整備され直線。
その道路(通り)沿いに、「統一されたデザイン」の商店長屋が並んでいる。
昭和を感じさせるレトロモダンな長屋。
かなり「商店街として整備された街並み」感がある。
ひっそりとした商店街。
この通り沿いの商店街で圧倒的な存在感を見せるのがマルエツ(スーパー)。
最も長く、迫力のある長屋の大部分を占めている。
スーパーの入居する長屋は、よく見ると、10店舗分のスペースがあり、スーパーがそのうちの9店舗分を独占していることがわかる。
ずいぶん昔から営業している感じではあるものの、もとからこうだったとは考えにくい。
10店舗分あるなら、当初は(スーパーはなく)1スペースに1つずつ店舗が入居していたことだろう。
過密な商店街であったものとみられる。
スーパー独占で今や長屋とは言い難く、長屋であったことがわかりにくいが、よく見ればわかる。
気づいた時は、胸が熱くなったもの。
(そこが当初からマルエツではなかったことは判明。代わりにボーリング場があったようだが、
 そのボーリング場が長屋のどの部分をどれだけの割合で占めていたいたのかは不明)
ちなみに2000年代後半頃まで、スーパーの入居する長屋の向かい側に、その長屋に引けをとらないほど巨大な長屋が存在していた。
現在は分譲住宅群に替わっており、この一帯の異質さは薄れている。
ここの全盛期の街並みを見てみたい。
どこの商店街もそう思うが、ここは直感的に特にそう思う。
見るにこの通り付近は「商店街として整備された場所」なので、商店会があっても良さそう。
というか、ないのは不自然。
だが上記2つの商店会には属さず、ない。
属すにしても、そこらとは異なる雰囲気なので、それもそれで不自然。
かつては何か独立した商店会があった可能性が高い。
もしかすると、「高根台商業協同組合」(←商店会名)かもしれない。
筆者の中では、そこは高根台東ショッピングセンターだということにしているが、ここの可能性も高い。
どちらがそこなのか?曖昧。
ここの地名は高根台ではなく、松が丘だが…
高根末広通りやマルエツ高根台店が松が丘であることを考えると、高根台を名乗っていてもなんらおかしくない。
十分、ありえる。
団地沿いのここの入口の場所を素通りし、もう少し西へ行くと、大穴銀座商店会(詳細→高根台団地北)に至る。
十字路から南方面へ行くと、高根台東ショッピングセンター(商店街)前に至る。


この街の市街圏内の写真(89枚)

- 東 -

◆ 八号通り ◆
商店街南側の入口。
連なる街路灯が幻想的。
◆ 八号通り ◆
団地←に面して商店が並ぶ。
◆ 八号通り ◆
商店街北側の入口。
奥に写っている街路灯の場所が出口。
短い商店街だということがわかる。
◆ 八号通り ◆
少し前まで、この一帯にはもっとアーケードがあった。
なぜか撤去が進み、写真中央の商店前に残すのみとなってしまった。。
◆ 八号通り ◆
←の商店は八号通りを含むこの一帯の商店街で唯一、「高根台」に位置する。
この先に店はなく、両側には高根台団地のボックス型ポイントハウスが建ち並ぶ。
◆ 八号通りと高根台団地 ◆
八号通り商店会の街路灯と高根台団地のポイントハウス群。
2020年頃、「カラフルにペイント」され、不思議な感じになった。
古臭い印象を払拭したくて、こうしたの「かも」しれない。
がっかりしている人もいるが、個人的にはむしろ良くなったと思う。
より目を見張る、特徴的な景観になった。
◆ 八号通り ◆
歩道からの景観。
数ヶ月前まで↑にアーケードがあった。
◆ 八号通り ◆
唯一残っているアーケード→
◆ 八号通り 古びた商店 ◆
結構な貫禄。
◆ 八号通りから東に伸びる通り ◆
昔ながらな雰囲気。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
歩道上のアーケードと一体化したアーケード通路。
ここを全覆式アーケード商店街として認定…したりはしない。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
生活感がある。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
アーケードを抜けると、すぐに行き止まり。
◆ 八号通り店舗間路地奥 ◆
歴史を感じる。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
細い路地。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
昭和のまま。
◆ 八号通り店舗間路地 ◆
混沌とした感じ、味わい深い。
◆ 八号通り商店会 街路灯 ◆
U字型アーム、宝石のような灯具…
シャレている。
◆ 八号通り商店会 街路灯 ◆
出入口に設置されているもの。
ステンドグラスのような硝子に覆われた四角推の灯具や、アーム上に乗るS字型のものが特徴的。
面白い感じ。
◆ 八号通り商店会 街路灯 ◆
ポールにも商店会の名称が記されている。
◆ 高根末広通り ◆
奥へ行ってみたくなる感じ。。
◆ 高根末広通り ◆
電話ボックスは街並みのアクセントになる。
ここまで街路灯が八号通り商店会のものなので、高根末広通りではなく、八号通りかもしれない。
だとしたら、商店会の境が中途半端で不自然。
八号通り入口を示す豪華版街路灯は手前の十字路のこころにある。
…よくわからない。
◆ 高根末広通り ◆
この辺りから商店密度が高くなる。
◆ 高根末広通り ◆
建物の形が似通っている。
同時期に一斉に建てられたような、そんな感じ。
◆ 高根末広通り ◆
こんな場所があったのか?!という感じ。。
◆ 高根末広通り ◆
この付近が商店街の中心。
◆ 高根末広通り ◆
結構な繁栄度。
◆ 高根末広通り ◆
昔懐かしい感じ。
◆ 高根末広通り ◆
いかにも商店街。
◆ 高根末広通り ◆
シャレた煉瓦の壁を、真っ黄色に染めてしまっている→
隣は真っ白に。
◆ 高根末広通り ◆
ここから歩道がなくなる。
で道路の片側に並んでいた街路灯が、両側に交互に並ぶ形に。
◆ 高根末広通り ◆
…風情がある。
◆ 高根末広通り ◆
点々と灯る、街路灯の灯りが良い感じ…。
◆ 高根末広通り ◆
道が西にカーブしていく。
カーブを過ぎると、終点の緑地が見えてくる。
◆ 高根末広通り ◆
ここまで商店街。
突き当りの森林地帯は松ヶ丘2丁目緑地。
◆ 松ヶ丘2丁目緑地 ◆
商店街出口前の入口から中へ。
自然体のまま…といった感じ。
夜は暗闇。
◆ 松ヶ丘2丁目緑地 ◆
ここが緑地のメインゲートのようで、大きな緑地名表示の看板がある。
鬱蒼とした森。
◆ 松ヶ丘2丁目緑地 ◆
斜面の上の方から撮影。
左奥が高根末広通り商店会入口。
何か、木々のシルエットが芸術的に見える…
◆ 松ヶ丘2丁目緑地 ◆
面白い形の植物…
◆ 松ヶ丘2丁目緑地 ◆
北東部の出入口。
緑地の雰囲気が感じられる木の看板→
◆ 高根末広通り ◆
商店街北側の出入口。
→商店2階の窓の横が黒っぽくなっているのは焼跡?
折り返し。
◆ 高根末広通り ◆
←北端の街路灯。
少し前まで、商店会名の記載されたプレートが取り付けてあった。
それがあったそのころなら、商店街入口らしくてもっと良いショットになっていたころだろう。
惜しい。
あとなぜか、この街路灯だけ点灯していない…
◆ 高根末広通り ◆
良い景観…
◆ 高根末広通り ◆
元料亭のような風貌→
◆ 高根末広通り ◆
混沌とした足場上に街路灯が立つ。
◆ 高根末広通り ◆
夜の店もある。
◆ 高根末広通り ◆
商店街が続く…。
◆ 高根末広通り ◆
古臭い街路灯が、むしろ良い感じ。
水たまりに映る街路灯も良い感じ。
◆ 高根末広通り ◆
なんとも美しいショット。。
◆ 高根末広通り ◆
商店街中心部。
この付近は歩道と車道の高さがずいぶん違い、その境には柵が付いている。
◆ 高根末広通り ◆
商店が軒を連ねる…。
◆ 高根末広通り ◆
真正面に高根台団地が見える。
◆ 高根末広通り ◆
八号通り商店会と高根末広通り商店会境界付近。
両商店会の街路灯が重複して立っている。
高根末広通り商店会の街路灯の多くが道路の西側に立っているのに対し、
八号通り商店会の街路灯は道路の東側に立っている。
◆ 高根末広通り ◆
この一帯の歩道上の各店の前には、花壇が並んでいる。
◆高根末広通り ◆
生活感を感じられ、味わい深い景観。
◆ 高根末広通り シャレた長屋 ◆
煉瓦で縁取りされたシャレたデザインの古い長屋。
建物が3つ建っているように見えるが、全て一体化している。
◆ 高根末広通り ツタに覆われた車庫 ◆
こうなるのにかかった年数はどれほどか?
◆ 高根末広通り ツタに覆われた車庫 ◆
渦巻く不思議な木。
車庫の屋根へと伸びる。
◆ 高根末広通り 店舗横植物群 ◆
味わい深い景観が創出されている…
◆ 高根末広通り 空中植木群 ◆
ベランダから迫り出すように足場が設置され、そこに花壇が並べられている。
落ちそう…と思いきやよく見ると落ちないように固定されている。
しかしここのベランダは街路灯の光で明るい。
こういった立地の家は照明器具不要で過ごせそう…。
◆ 高根末広通り 混沌とした古民家 ◆
植物や小物が凄い。
◆ 高根末広通り 混沌とした古民家 ◆
自然に包まれている感じ。
◆ 高根末広通り 混沌とした古民家 ◆
混沌。。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から1本目) ◆
高根末広通り中心部の店舗間には、こういった路地の設けられている場所がよく見られる。
両側に花壇が並び、良い感じの路地入口。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から1本目) ◆
昔ながらな感じ。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から1本目) ◆
シャレた傘立てはこの路地には見合わない。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から2本目) ◆
どの路地にもシャッターや迫り出す軒がある。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から3本目) ◆
各路地のシャッターは、店舗の入口のようにも見える。
開いていないので、よくわからない。
もしかすると、隠れ家的な店がたくさんある?(あった?)
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から4本目) ◆
この路地には屋根が付いている。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から4本目奥) ◆
人目に付かない場所は薄汚い…。
◆ 高根末広通り 店舗間路地(南から4本目) ◆
裏は特に昔ながらな雰囲気が残る…。
◆ 高根末広通り裏 ◆
少し中心部から外れたところの裏側。
この時が止まっているかのような感じが、何とも味わい深い…。
◆ 高根末広通り裏 ◆
貫禄のある古民家。
◆ 高根末広通り商店会 街路灯 ◆
黄と白の円盤型の灯具が特徴的。
結構な年季。
以前は出入口の場所に商店会名表示のプレート取り付けられていた。
しかしもうない。
ここが「高根末広通り」という通り・商店街であることはもうその場で見た感じではわからない。。
◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ団地沿いの通り ◆
坂道。
狭いが団地とは逆側に歩道がある。
←八号通り 高根末広通り→
◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ団地沿いの通り ◆
高根台団地の敷地の階段から撮影。
店が並ぶ。
◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ団地沿いの通り ◆
←松ヶ丘郵便局。
ここは普通に松ヶ丘を名乗っている。
しかしこの景観は良い。
すぐ先が下り坂で、通りのずっと先の方が見えている。
そしてそこが照明の灯りで宝石のように輝いている…。
地図で見た感じでは、ここがこのような景観だということは予想できなかった。



- 西 -

◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ通り ◆
商店街。
←マルエツの建物と同じデザインの長屋。
2連棟。
◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ通り ◆
マルエツ。
長屋の南(左)から4つめと6つめの区画に入口があることがわかる。
1~3つめの区画は壁になり、封鎖された戸がある。
◆ 高根末広通りとその1本西の通りを結ぶ通り ◆
→にもマルエツの建物と同じデザインの長屋がある。
この長屋は4連棟。
◆ 高根末広通り西の通り ◆
大衆酒場政の前にはアーケードが設置さあれており、その下。
←年季の入った金庫のような扉。何か怖い。
◆ 古い商店 ◆
道幅が狭くなり、住宅街に入ったところにある商店。
結構な貫禄。
◆ 高根末広通り西の通り ◆
商店街北端から撮影。
どういう経緯で生まれた商店街なのか?
正面に見えるのは高根台団地。
◆ 高根末広通り西の通り ◆
独特な景観。
歩道上に黄色くペイントされている部分がある。
昔は全面的にこうだったのだろうか?
◆ 高根末広通り西の通り ◆
←にも長い長屋があった。
◆ 高根末広通り西の通り ◆
マルエツの出入口は2つある。
大きいように見えるが、2階はマルエツではなく、マルエツとしては小さい店舗なのだとか。
当方以前、この一帯はこのスーパーの影響により、この付近に人が集まってきて繁栄しただとか、
逆で、繁栄していてスーパー出店に適した立地であったために、ここにスーパーができた…
だとか思っていたようだが(記憶にないが、2012年頃のメモにそう↑書いてあった)、それは間違い。
街並みをよく見てみればわかる。
今と比較してみると、当時はまだいろいろ低水準だった。
◆ 高根末広通り西の通りから西に伸びる通り ◆
理容室と薬局がある。
◆ 高根末広通り西の通り ◆
マルエツの駐車場から望む景観。
この通り沿いの商店の建物はいずれもコンクリート。
◆ マルエツ高根台店 ◆
松ヶ丘だが高根台店。
高根台団地のそばであることを強調したかった?
まだ現役。
高齢者向けと化した店舗だとか何とか。



- ベストショット!-




 テクノステーショントップ > 首都圏 街詳細 > 高根台団地北東  1つ戻る