★ 夜の仮想外出 ★


★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★

……………
隣の部屋で父親がテレビを見ている… 父『ハッハッハッ…』 大人は遅くまで起きていてもいいんだ… 今は夜11時… なかなか眠れない… ソラ『眠れない…』 母『空に願おう…』 … 時折、ホワっと意識が薄らいだりしている…
… ソラ『明るい…    ん?コンビニだ…』 星より明るいスターエフ! ソラ『…    ?夢?
   コマーシャル?』 夢の中でもテレビの音が耳に入っている… まだ起きている…
… ここは北の大地… ソラ『芝生の上に牛がいる…    …
   牛?    今見た気がしたのは何?』
… …… ここはまるで迷宮… 行ったり来たりしながら地下へと下りていく… 敵を避ける… カギを探す… ソラ『お、豆の木だ…    ?ここはゲームの世界?    …
   いや布団の中だ……』 …
… … ソラ『ここは…    外だ…    空に浮いている…    ここは、雲の上?    …    夜もいいな…夜景がキレイ…    …    車が通ってる…    あそこは、ヨーカドーだ!    マルエツだ!    学校はあそこ…』 地元の街が一望… 何か、浮上していっている… 街が小さくなっていく… ソラ『わ…    月まで行けそうだ…    高い…』 … もうすぐそこ… 手が届きそうだ… … 本当に届いた! ソラは月にしがみついた。 そのまま這い上がり、月へと乗り移った。 雲に乗り、浮上していった挙げ句、月まで来てしまった… ソラ『月に来これた!乗れた。    …    いい眺め…    …    …    空高くから街を見下ろしてる…    まるで神様?になった気分だ…    …    隣街の駅が見える…    …    あの人、こんな時間に何やってるんだろう?    …    駐車場に車が入っていく…    …    公園は真っ暗だ…    …    電灯が切れかかってるところがある…    …    遠くの方で赤い光がテカテカしてる…    …    ここは居心地がいい…    …    …    まだ窓明かりの灯ってる家もあるな…    よく見ると窓の向こう側に人の影が見える…    …    ……    あの人は本を読んでる…    あの人は絵を描いている…    まだ仕事をしてる人もいるんだ…    …    ・ ・    ・ ・ ・    電気が消えた ・ ・    あの家の人はもう寝るんだ ・ ・』 ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ソラは微睡み、眠ってしまった ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
?目が覚めた。 ソラ『…夢か。    寝れたんだ。』 本当に外へ出て月から街を眺めたような気がした。 気分転換できた…そんな感覚。 ソラ『…起きるにはまだ早い。    また眠る。    …    今度はどんな夢を見るのかな??』 …

 THE END
もうすぐ朝だ… 薄明るい空の下、ホウキに跨り、空を降下していく… 右へ左へ飛び回る… ソラ『わ…    ビルにぶつからないかな…    もうすぐ地上だ……』
筆者の実体験や記憶を元にしている。 支離滅裂だがそこが夢らしくてリアル。 雰囲気を大事にすること、現実感を出すこと… それを意識した異質な作品。
戻る

★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★

★ テクノステーショントップ > 小説 > 夜の仮想外出 ★ 1つ戻る