★ 夜の街 ★


★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★



……………
アマノ『今日も帰ってきた!』 家の最寄り駅に到着。 駅を出た。 今は夕時。 良いムードが漂っている…。 駅前の古い商店街を抜け、帰宅。 … いつも通り、いつもの職場から帰ってきた。 これが日常。 次の日も、その次の日も、同じ… 暑い日も、寒い日も、雨の日も、あの頃も… この道を歩いてきた。 …
ある日。 初めての飲み会があり、帰りが遅くなった。 こんなに遅くなったのは初めて。 なんとか終電に間に合い、電車に乗った。 … zZzZ… … ようやく最寄り駅に到着。 アマノ『着いた。。     …危ない。』 下車した。 … 改札を出て、駅を出た。 … アマノ『思ったよりも明るいな…』 駅前にある店はまだ所々、開いている… アマノ『駅前とは言えよ、夜中は全部店が閉まって、真っ暗になるのかと思ってた。』 商店街の道を歩いていく… アマノ『やっぱり、明るい。     深夜も7,8時頃とたいして変わらないんだな…』 看板の電気が消えていない店が思ったよりも多い。 アマノ『営業してるのか?』 裏道沿いの店も開いている… アマノ『ここの脇道も明るい…     ここの路地も…     …     ?     …     !     ここの道なんか、特に凄いな…     もはや何か、、昼間以上に活気に満ちている…     …     こんな歓楽街が、地元にあったなんて…』 何か、不思議な気分になってきていた… アマノ『この時間になると、ずいぶん雰囲気が変わるんだな…』 高揚してきていた… アマノ『星の酒場…     こんな店、あったか…?』 … 大通りに出た。
アマノ『…         !!     え!!         ここ…     ここ、どこ?     ここが、いつもの、あの道?』 そこは、ネオンキラめく一大歓楽街… アマノ『…嘘…     嘘だ…         この商店街に、こんな一面があったなんて…     知らなかった。     思えば、この時間に外を出歩いたことはなかったな…     まさか!こんなだったなんて…         スタースタジオ?ムーンナイトホテル?     …銀河レストラン?         知らないぞ!そんな店。     どうなってるんだ…         ここは…いつもの本屋。     !本屋じゃ、ない。     宇宙カフェ 本店?     夜になると、こ、こんなふうに改装するのか。。』 … 変貌しすぎていて帰り道がよくわからない… アマノ『こっちでいいのか?』 道路を渡り、向かい側の路地に入った。 … 胸騒ぎが止まない… アマノ『え?     あ…     …ここだ。     いいんだ。』 … なんとか近所まで来れた… アマノ『!ここのクリーニング屋までも別の店に変わってる…     クリーン惑星推進所??     …建物の形まで変わっているような気がした…』 アマノ『そ、そんなはずはない…     いくらなんでも、そんなはずはない…     気のせいだ…     そうに決まってる…         うちは?     …うちだ。     ある。良かった…     …』 門を開け、自宅へと入る… アマノ『…     ?     何か…     おかしい…     何か、違う気がする…』 通行人『お前、ラブホテルに住んでるのか? アマノ『?     うちはラブホテルなんかじゃない…』 通行人『ハハハハッ! アマノ『?     !!!     え…』 よく見ると、家の外観が… 何か違う。 アマノ『…こんなに奥行き、あったっけ?     ない。ない。』 また改めてよく見てみた。 アマノ『・・・・     お城だ。』 てっぺんには「ラブホテル ロマンススター天野」と書かれた看板が… アマノの自宅は巨大なラブホテルになっていた。。 アマノ『本当に、ラブホテル・・・』     ・・うちじゃない、うちはこんなじゃない!     違う、違う!』 店員『ロマンススター天野へようこそ。』 アマノ『違う!     …帰りたい!     帰れない!』 店員『ロマンススター天野へようこそ。』 アマノ『帰る場所がない!     戻りたい!     戻れない!』 店員『ロ゙マ゙ン゙ズズダー天゙野゙べよ゙ゔごぞ…』 アマノ『ぁ゙あ゙!!』 アマノは動揺して走り出した! アマノ『ここここはどこ!?』 通行人『星空町だ。』 アマノ『ぁ、ぁ、ぁ、違う。。     どこなんだ!ここは!』 通行人『星空町三丁目。』 電柱を見ると、星空町3-1-1と書かれていた。 アマノ『は、は、は、知らない!     違う!』 通行人『星空町へようこそ。      よ゙ゔごぞ…』 アマノ『そんな?!     ここは何?!』 店員『ヨ゙ヴゴゾ…』 アマノ『なぜ?     どこへ行けばいい?』 通行人・店員『 ヨ゙   ゴ   』          ヴ   ゾ アマノ『ぇ゙、ぇ゙、ぇ゙、どこへ行けば!?     どうしたら!     どうしたらいい!?     どうすればいい?!     ど、ど、どうなる!?     どうなる?!?!     どうなる?!?!?!?!     ぉ゙わ゙ーーーーー     ★ ★ ★ ★ ★     ーーーーー!!!!!
同僚『!     どうしたんだ?』 アマノ『星空町!ロマンス?スター!     ラブホテル!』 同僚『やっと起きたか。』 気づくとアマノは飲み屋にいた… アマノ『なんだ……     夢…』 酔って寝ていた模様。 アマノ『……』 同僚『もう終電には間に合わないよ。    私は始発で帰る。』 アマノ『…     こっちもそうするか…     …     あんなこと、あるわけないよな…』 同僚『?』 アマノ『いや…』
…明け方… アマノは帰宅した。 ……… 最寄り駅に到着。 心して駅を出た。 商店街は… 真っ暗だ。 住民も、街も、まだ眠っている。 アマノ『こんな静かな駅前、見たことながかったかもしれない…     さっきとは真逆だ…』 … 大通りを渡り、近所まで来た。 アマノ『クリーニング屋のままだ…     …     うちだ。     うちのまま。当然か。』 …… 朝帰りになってしまったが無事、自宅に帰ってこれた。 アマノ『もう朝方…     あの時間、街はどんななのか…?     まさか、まさかね。     …     夢は、夢のままにしておきたい。     だから…気になるが、あえてあの時間に外出してみたりはしないようにする。     …そうする。』
初めて酔い寝したこの時に見たあの夢… 印象的であった。 あんな不思議なこと… 現実では起こりえない。 あんなこと、ありえない。 ありえないから不思議。 不思議だった…… 少し、不気味で怖かったが… でも何とも言えない不思議な気持ちにさせられた… 不思議な気分にさせられた…… あんな世界へ行ってみたい。帰れないのはごめんだけどね。

 THE END
深夜の街中へ行ったことはありますか? 不思議なことがあるかもしれませんよ。
戻る

★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★

★ テクノステーショントップ > 小説 > 夜の街 ★ 1つ戻る