>

◆スーパードンキーコングシリーズ BGMオリジナル歌詞◆

歌詞をつけられそうな一部の曲の歌詞を考えた。
SDKのBGMはメロディがあまりない環境音楽のようなものばかりで、歌詞のつけようがない曲がほとんど。
このシリーズの曲は歌詞をつけるのには適さないのでこのコンテンツの企画は1度断念した経緯あり…。
今思うとなぜ断念したのか??という感じ。
その当時の自分には難しく、断念せざるを得なかったが、今の自分ならいける。



- SHIP DECK~優雅な船旅~ (船) -

船

光る朝日輝く海 晴れた空に流れる雲
優雅な優雅な船旅 とても気持ちいい、気持ちいい 上々!

広がる水平線 飛び立つカモメの群
いい日だ 穏やかな和やかな一時 今日もまた新しい一日始まる

青い空に青い海に 波の音に塩の香り
優雅な優雅な船旅 今日もいい気分、いい気分 最高!

傑作w
歌詞をつけるのに適したステージ曲はこれと↓↓のRIGINGくらい…。
ちなみに、SHIP DECK 2の方もこれとメロディが同じなのでこの歌詞を当てはめて歌える…
かと思いきや、少し違って歌えない。。↓歌えるように修正を加えたもの



- SHIP DECK 2~優雅な船旅(ライトver.)~ (船2) -

船2

光る朝日輝く海 晴れた空に流れる雲
優雅な優雅な船旅 とても気持ちいい

あー青い空に青い海に 波の音に塩の香り
優雅な優雅な船旅だな 今日いい気分、今日いい気分

広がる水平線 飛び立つカモメの群
いい日だ 穏やかな一時だ 今日もまた新しい一日がそう始まる

歌詞のアレンジ感が何とも…w
曲がアレンジされるとそれに伴って歌詞にもアレンジが必要になると…。



- RIGGING~海賊の船旅~ (マスト) -

マスト

ヨーソロー帆を揚げて冒険だ船旅だ
お宝がごっそり眠る島を目指して

夢見る俺たち世界一の海賊
何も恐れやしない立ち向かってけ

ヨーソローさあ進め白い帆をなびかせ
海の上爽やかに風を切って進めや進め!

荒れた波も 強い風も 気にしやしない それが俺たち

ヨーソロー突き進めもうすぐだ宝島
俺たちのロマンスドキドキでワクワクだ

高ぶる気持ちを抑えきれない
ダイヤ金貨ザクザク手に入れてやる

海賊の歌。
同じフレーズの繰り返しが多くてメロディが単純な上、SDKの曲にしては珍しく、長い前奏や間奏がない…
なのでいい感じに歌詞をつけられた。



- ICE~キラめく氷の世界~ (氷) -

氷

広がる氷の世界 美しく輝く世界
透明な氷の中 突き抜ける その光 幻想のよう
キラめく夢の楽園 キラキラ心躍る

2の氷ステージは氷ステージでありながら、極寒の地という感じではなくて…何かこういうイメージ。
短いようですが、スローテンポの曲なので歌ってみると案外短く感じない。



- LIFE IN THE MINES~闇の中にも光あり~ (鉱山〈1〉) -



暗い(闇の) 中に(いても) めげずに(前を)向け
闇の(中に) 見える(光り) そこへと突き進んでいけ

どんな(長い) トンネル(だって) 必ず(出口)がある
トンネル(抜けた) 先の(未来) 輝いてるそう信じていけ

1の鉱山(ウィンキーの洞窟等)の曲。
2の鉱山は…とても歌詞をつけられるような曲ではない。
それでこれ、2人でハモりながら歌える。
()外=アルト ()内=ソプラノ のような感じ?
この曲は面白いのでぜひ歌詞を考えたい…と思ったが、どんな詞にしようか悩んだ。
最終的には何か力強い応援ソングのようになった。



- ROCKFACE RUMBLE~大地に叫べ!~ (渓谷) -

渓谷

山道 また登る

人生は険しい、絶壁にぶち当たる
溜まりゆく心のもやもやを晴らすため

大声で叫べ!
その声大地へ響かせて
大声で叫べ!

真っ先に思い浮かんだサビの歌詞を元にその前の歌詞を考えた。



- BRAMBLES~大いなる生命の神秘~ (茨) -

茨

光る 命
育つ 大自然

どこまでも広がる生命の輪 生きる力その強さ感じる!
不思議で壮大で 凄まじいこの世界

大いなる生命の神秘感じ 心何か凄くトキメいてる
輝く美しい 神秘なるこの世界

輝けこの世界 いつまでも輝け

大生命の神秘を表現!
こういった印象を与えられる曲。
ちなみにもう1つ、別の歌詞を考えた↓



- BRAMBLES~大きな夢、描いていけ!~ (茨) -

高い あの場所
光り 輝いてる

空高く伸びゆくツタの先に 見えるあの夢必ずつかみ取れ!
大きなあの夢を 必ずつかみ取ろう

時にはさ、苦しい茨の道にぶつかる だけれど、めげずに乗り切ろう
夢へと向かうために 避けては通れない道

夢持とうそうすれば 高みへ進んでいける

こちらは直感的に浮かんだ歌詞。
この歌詞を2番として2ループめに歌う…というのもあり。



- MINE CART MADNESS~激走!鉱山トロッコ~ (トロッコ) -

トロッコ

古めかしい トロッコで レール上 その上を
コトコトと 走ってく 突き進め走れ走れ
どこまでも 突き進む 止まらない 止められない
ワーオ ワーオ! 危ないぞか わ せ!
いいぞいいぞ~
止められやしない(大変だ!) かわすしかない(注意して!)
危険危険危険かわせ! 注意注意注意危ない!

鉱山駆ける 猛スピードで
速いぞ速いぞ 坂道加速する
火花散らして 駆け抜けていく
マインカートコースター 超絶スリリング
ああ…もう…激しい激しすぎる凄まじいコースタ~~!

マインカートコースターの歌。
こう聞こえてきそうになってくる。。



- DK ISLAND SWING~俺らの楽園、ジャングル!~ (ジャングル〈1〉) -

ジャングル

ジャングル、あジャングル、ジャングルとはさ
ゴリラの、あゴリラの、ゴリラの楽園さ(そうさBaby yeah!)
雄大、あ雄大、雄大な自然(広がってる) この場所(そうジャングルで) 俺たち生きる(生きる!)

今日も日が沈む…

警報ー…
暗い 夜の ジャングル
闇の 世界 危険…

覚えやすいが、何かふざけた感じwになってしまった。
前奏が長くてメロディが流れている部分が短いので、“歌えるのは曲の一部だけ”という感じ…。



- SWAMP~静かな虫たちの楽園~ (沼) -

沼

静かな森の静かな沼地、誰も立ち入ることのない、
しんみりとした、冷ややかなこの場所 ありのまま、心落ち着く

耳澄ませば聞こえる 虫たちの奏でるハーモニー
ここはそう 虫たちの楽園
安らぎの楽園!

何か昔の管理人が考えたような、あまり捻りのない詩ですが…
これはこれでどうでしょう?



- CAVE DWELLER CONCERT~洞窟の奥地へ…~ (洞窟〈1〉) -

洞窟

水。ポタポタポタポタポタポタポタポタ落ちる…

水。ポタポタポタポタポタポタポタポタ滴る…

水。ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ鳴る…
ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャと

洞窟の中 ピチャピチャ落ちる

綺麗な 洞窟 不思議な 洞窟 不気味な 洞窟 怖いぞ 洞窟

ゾ…ク…ゾ…ク…し…て…き…た…
あの 模様が 顔にさ 見えてる
不…吉…な…予…感…だ…後…ろ…に…悪…霊…がぁぁぁぁぁ…

ポチャリポチャリポチャリポチャリ… 落ちる落ちる落ちる落ちる…
水に水に水に水に… ビビるビビるビビるビビる…

地…獄…へ…続…く… 穴…だ…ぞ…もう…引き返せない……

ゼ………ツ………ボーーー…

違う、天国だ! 楽園、通じてた!
命、輝く! 奇跡の、楽園!

曲のイメージをそのまま詩にしたような感じ。
個人的にはこの歌詞、わりといいと思う。
出だしの痛烈な面白さとは裏腹に、後半は怖い。



- HAUNTED~ヤバイ、ヤバイ、ポルターガイスト~ (お化け屋敷) -

お化け屋敷

棚が揺れる 本が飛び出す ガン! ガン!ガン!
食器も小物も独りでに動きだす
ポルターガイスト怖い怖い逃げろ

屋敷から 逃げ出すぞ 突き進め走れ走れ
ここにはさ霊!が出るぞ 真っ先に走れ走れ
明かり消える 皿割れる カギ閉まるなぜだなぜだ(ガシャリ、ガシャリ)
恐ろしい 恐ろしい霊!が出るぞ逃げろ逃げろ
恐ろしい逃げろ逃げろ 恐ろしい逃げろ逃げろ
恐ろしい逃げろ逃げろ 恐ろしい逃げろ逃げろ

出た!出た!出た! (アハハ)嘘嘘嘘(アッハッハ)
ホントに!出た! (ア゙ア゙ア゙)ヤバイヤバイ(ア゙ッア゙ッア゙)
扉開かない~ 逃げ道がない~

霊界へ誘う霊達に 狙われてるもう終わり(グサり!グサり!)

可笑しな歌詞ではあるが、曲の雰囲気をよく感じられ、わりとしっくりくる。
マインカートコースターを連想させる部分も…



- WASP HIVE~はちみつパーク Enjoy!~ (ハチの巣) -

ハチの巣

はちみつ!はちみつ!パーク! Enjoy!
はちみつ!はちみつ!美味しい! Oh Yey!

もう甘い! 満足だ Yey Yey!
満腹だけど…うんざりしない…幸せだ!

サビまで、歌える部分がないのが難点な曲だが、そこからが歌いやすい。
ステージに相応した面白めの詩。



- WASP HIVE~文明開化~ (ハチの巣) -

明るい、明るい 朝が 来・た!
明るい、明るい 未来 来・た!

まぶしい! 新時代始まる!
目覚ましい進化!文明のつぼみ!ついに開化!

ステージ(ハチの巣)のイメージとは全くもって無関係。
だがそのことに目を瞑れば良い詩。
この曲は「ハチの巣」ではなく、こういうイメージの曲のように聞こえなくもない。
子供の頃は、何というか丸っきりこういう印象でしかなかった。
そのためこのステージのBGMがこれなことに、どことなく違和感を感じていた。
冒頭の部分の歌詞を思いついたのはそんな子供の頃。
思いついたというか、自然とこう聞こえ、自然と頭の中にこの詩が入っていたような感じ。
これは「冒頭部分しかなかったそれを完成させた」ようなものであったり。
ちなみにこの詩の一部(冒頭部分)は昔、SDK総合スレに書き込んだことがあります。
(3の森〈カミナリに気をつけろ〉のBGMの件からSDKのBGMに歌詞をつける流れが生まれ盛り上がり出した時)
見覚えがあった人もいるかもしれません。
確か名無しで書き込みましたが、実は筆者。
あれは自分で書いたものなので、パクりではありません。ご理解を。
パクりだとしたら、↑の子供の頃の話などは嘘になります。
わざわざこんな作り話をするはずはありません。



- GANG-PLANK GALLEON~優雅な船旅からの大船激戦~ (キングクルール戦) -

船(1)

さあ始まる船旅ゆ ら り
aー aー
光る朝日輝く海 晴れた空に流れる雲
優雅な優雅な素敵な船旅本日とてもいい気分
aー
揺れる船にそよぐ風に キラリ波しぶき(穏やかだな)
広い空に広い海に それを見つめ広がるこの心
ゆらりゆらり船の上でゆらりゆらり揺れる心…
…ぐらりぐらり
何かな何?
ぐらりぐらり危険だ伏せろ
ぶっ潰すぞ!オラオララ撃て!!

ついにこの時 決闘の始まり! 大砲撃て撃て!!

今だ反撃それそれやれ!!
青い空も青い海も!!
炎と血で真っ赤に染めろ!!

やれよ!やれよ!やれやれやれ!!
撃てよ!撃てよ!撃て撃て撃て!!
やつを!倒せ!ドカドカドンドンドン!!!

まさに、曲に込められたイメージ(予想だが)が詩に。良い。
しかし惨い。。
曲を聴いたことがない人でも、稀にみる異質な曲だということがよくわかると思う。



- BONUS ROOM BLITZ~ウッホホ取り放題!~ (ボーナスステージ〈1〉) -

アニマルフレンド

(隠し部屋、みっけ!)

いいもの たくさん 嬉しいな 楽しいな まるで夢みたい
あれも、これも、どれも、み~んなみんな
独り占めかな? 心ウキウキ 取り放題!

ウッホホ、ウッヘッヘ、ウッホホ!
ウッヒョヒョ、ウッヒャッヒャ、ウッヒョヒョ!
ウッキャキャ、ウッキッキ、ウッキャキャ!

歌詞付けしやすい曲。
非常に良い。
もはや「この歌詞をもとに作られた曲」のように感じられてくる。



- BONUS TIME !~あのコインを、手にしろ!~ (ボーナスステージ〈3〉) -



いくぞ それいけ ゲームの始まりだ
必ず!クリアし! あの光るコイン(光るコイン)絶対に手にしてやるのさ!
端のギザギザに光沢 ツヤがツヤがたまらない
まだまださ、いくぞ! それいけ! みんなやっつけろ(星集めろ)コイン探せバナナつかめ!
その調子!その調子! 気を抜いちゃダメ!
さあ全力全力制限時間迫る さあフィナーレだフィナーレだギリギリでクリア!クリア!

完成度が高い上、歌詞をつけやすい曲なのでチョイスした。
面白いほどしっくりくる。



- ISLAND MAP~ドキドキ、敵の島~ (マップ画面〈2〉) -

クレムリン島

敵の島に潜入した 恐れずに先へ進め
危険だらけドキドキだけど この力を信じて 勇気を持って前進だ

壮大な!壮大な!冒険始まる
伝説を!伝説を!刻んでやるのさ黒幕倒して

見事に曲のイメージにマッチング。。



- WRINKLY~学校っていいね!~ (リンクリーの学校) -

リンクリーの学校

いろんなこと、学べるよ、子供たちの学校 学べる…
いろんなこと、みんなと、分かち合えるよ学校 分かち合える…

僕も私も 君もみ~んな 笑顔が溢れ出る そんな学校、いいね!

いいね!(この詩)
曲にピッタリフィットしたような感じが、たまらなくいい。




- CREDITS~栄光の風~ (エンディング〈2〉) -

エンディング(2)

歴史に名を刻み伝説となり
我らは英雄となったのだ!

栄光の風 肌に感じる
我らはヒーロー カッコつけて や る!!

歌えるのはサビだけ。
この曲は…個人的に何かこういうイメージ。



- THE CREDITS CONCERTO~あの思い出は、永遠に心の中に…~ (エンディング〈1〉) -



あの思い出は心の中に永遠に残り続…ける…のさ…
あのころには戻れない2度と戻れない ああ…どうしようもなく…切…ない…

こちらも歌えるのはサビだけ。
この曲の聴いた時に感じる思いをそのまま詩にした感じ。



- SELECT~冒険の旅、始めよう~ (データセレクト〈2〉) -

セレクト

この地図握り締め 冒険の旅に出よう
辛いことがあっても めげないこと約束さ

飛び出そう 始めよう 最初から 続きから
新しい 1ページ 君の手で 描いてこう

つまらない方な曲だが、歌詞はいい感じにできた。
…この曲を聞くと、メロディに合わせ無意識にこの詩が浮かぶようになってしまった。。



- KLUBBA~通さねぇぞ!~ (クラッバのみはり小屋) -

クラッバのみはり小屋

通しやしない! 俺は最強のとおせんぼマンだぞ!
歯向かう者とありゃ棍棒でぶっ飛ばす!
クレムコイン くれるのなら、ならば、話は別

これはしっくりくる。



- CRANKY'S THEME~偉大なモンキー~ (クランキーコングの小屋) -

クランキーコングの小屋

ヒゲのオヤジに タルを投げつけ ボコしてたヤツ それはワシじゃよ
偉大なモンキー みんな知ってるモンキー なのじゃ
伝説のモンキー この上なく凄い

困った時や 大変な時は ワシに聞くがいい ヒントをやるぞ
役立つモンキー 誰より偉いモンキー なのじゃ
知識豊富なモンキー 誰しも敵わん

いかにもなクランキーの曲。。
歌詞2つで1つのような感じ。
2つ分網羅でき、クランキーのことを掘り下げられた感じで何か良い。



- DIXIE BEAT~リアルの魅力~ (タイトル画面~オープニングデモ〈3〉) -

タイトル画面

波にさらわれ 勢い よく流される
突如目の前に岩 が
そのまま激突!跳 び 跳ねジャンプ

派手に着水 水飛 沫が飛び散る
リアルの冒険 ス リ リング
リアルの世界!凄 い魅力的

ボーナスソング! Yey!!
あれからさ もう2年
早かったか 長かったか どう感じたかな?
あのステージ、このステージ、どのステージもみ~んなみんな
綺麗だったね 楽しかったね いい思い出
時代変わっても
この魅力を この凄さを 忘れないで Yey!!

サルの声の部分を人間の言葉に置き換えるのは厳しめな感じだったが…思い切った。
歌うのはかなり難易度が高い。
この曲(前半)はSDKさながらな感じを出“そうとしている”イメージ。
肝は後半部分。
「曲に込められた想い(予想)」をそのまま詩にした。
個人的には、こういった想いを初代ボーナスステージの曲に掛けて表現したのではないかと思っている。
前半後半は“全く別の曲”のような感じだが、若干詩に結び付きを持たせた。



- FUNKY~Hey! Hey! Go! Go!~ (ファンキーフライトⅡ) -

ファンキーフライトⅡ

Hey ! Hey ! Hey ! Yay
Ready Go !
Hey ! Hey ! Hey !
Go ! Go ! Go ! Ready Go ! (ホーゥ!)
Yay、Yay  Yay (ホーゥ!)
Yay、Yay  ミーのジャンボ機でGo!Go!Go!
Hey ! Hey ! さあGo!Go!Go!
そう、そう 行け行け行け行けYay
Hey ! Hey ! ミーのジャンボ機でGo!Go!Go!
Yay、Yay ミーのジャンボ機でGo!Go!Go!

wよくわからないが何か気合いが入ってくる…
おそらくこれは普通にこういうイメージで作曲した曲。



- GAME OVER~やられちまった残念だ~ (ゲームオーバー〈2〉) -

ゲームオーバー

やられた~やられちまった
疲れた~もうだめ
残念だな捕ま~った…

こう聞こえてきそうなほど、しっくりくる。
以下GBの曲。



- SKYSCRAPER CAPER~スラム街 Oh Yey!~ (摩天楼) -

摩天楼

都会の中の怪しい一角 ここで暮らす者皆貧しい者達
だけれども皆は繋がっているのさ 暖かい輪の中で毎日生きてる

一歩踏み出せば そこは大都会さ
街中歩けば 晴れやかさ oh yeah !

ビルの狭間で自慢のパフォーマンス お洒落な通りでウィンドウショッピング
金も職もない社会のだめ人間 それでも前向け

一歩踏み出せば そこは大都会さ
路地裏へ行けば ドキドキさ high tension !

一歩踏み出せば そこは大都会さ
ショッピングモール行けば ワクワクさ happy !

一歩踏み出せば そこは大都会さ
摩天楼上れば いい眺め wonderful !

明るいスラム街住民の歌。
歌いやすい。なかなかの傑作。



- SKY HIGH CAPER~リアルとは違う、メルヘンの世界!~ (雲) -

雲

ようこそ夢の世界へ ここは不思議な世界
雲の上に乗れる 不思議な壁が浮かんでる

リアルとは違う メルヘンの世界
夢の中に来れるなんてまるでまるで夢見てるかのよう

そうさ、ここは メルヘンの世界
夢ではない夢の世界夢みたいで幸せ感じるさ

なかなかの出来映え。
GBは音質があれなので、環境音楽のような音楽を再現させるのが困難。
その分、旋律がはっきりしている曲が多く、歌詞をつけるのには適している。
以下GBA版3のBGM。



- STILT VILLAGE (GBA)~嵐の前の静けさ…~ (桟橋) -

桟橋

怪しい空模様 何か不吉な空気
吹き抜けていく風 どことなく荒れた波

なんだか胸騒ぎ感じる
なんだか胸騒ぎ感じる
なぜだか胸騒ぎ感じる

気付けば海辺には 人影が見あたらない
いつもとは違う 閑散としたこの海辺

嵐の前の静けさ 不吉な予感
何だか不安感じる 恐怖すら感じる

嵐到来 もう悪天候 大雨
雨降りしきる 風吹き荒れる~ 大荒~

荒ぶる大波(凄まじい) のまれゆく船(地獄絵図) 恐ろしい海(牙を剥いた海)
自然の驚異 心が、動揺、胸騒ぎ、止まらない!!!

「嵐の前」のステージの専用曲のつもりで作られた曲だと予測し、それ相応な歌詞にした。
見事なほどに曲の雰囲気、展開にマッチさせられた。
そんなで最初のステージには見合わない曲だということをこの詞からもよく感じとれる。
GBA版3の曲はわりと歌詞をつけられそうな曲が多い。



- CAVERN CAPRICE (GBA)~天然の鍾乳洞~ (洞窟〈3〉) -

洞窟(3)

雨のように水滴る 天然の鍾乳洞
見事だ まさに
怪しくて不思議でさ 美しい鍾乳洞

不自然な自然だ自然の芸術 不思議なこの世界神秘を感じる
自然が形作ったこの素晴らしい 見事な作品は誰しもを魅了する
神秘なる鍾乳洞

まるで幻想を見てるよう
大いなる自然 未知なる大自然!!

鍾乳洞の歌。
雰囲気の創出が見事なこの曲に恥じない見事な歌詞!



- ROCKFACE RUMBLE (GBA)~俺は一人、岩山に…~ (渓谷) -



高い岩山登る 1人岩山登る
人を寄せ付けない険しいこの大地で ひたすら岩山登る

山がさ、山がさ、山がそこにあるから
登って、登って、登り続けてくのさ

寂しくなる時もある でもひたすら上へ上へ
この山制覇するため 命の限り 俺は登り続ける!

a- a- a- a- a-
見渡す限り… 広がってる…
山に深い谷に地平線…
そこに俺が1人 哀愁感じるでも 引き返したりしない 登り続けてく!!

これはいい曲。
登山家の男の哀愁ソング。



- CASCADE CAPERS (GBA)~滝のように生きろ!~ (滝) -

滝

美しく尚力強い 神秘なるこの滝
せせらぎを与えてく 強き心を与えてく
素晴らしいこの滝 その魅力を感じていけ、さあ

滝は勇ましい 滝は力強い
滝は美しい 滝のように生きろ!

流れる滝は何もかも よく洗浄してくれる
清らかにしてくれる 純粋にそうしてくれる
まっさらにしてくれる 滝のその力感じていこう

滝の歌。
いい感じだが歌えない部分が長い?のが少し難点…



- Jungle Jitter (GBA)~故郷の親しみ感じる、ジャングル!~ (ジャングル〈3〉) -

ジャングル

仲間たち呼んでる 声が聞こえてる
ここはそうジャングル 俺たちの楽園

ジャングル、ジャングル、ジャングル、ジャングルとは
ゴリラの、ゴリラの、ゴリラの楽園さ

さあさ歌え
ジャングル、あジャングル、ジャングルとはさ
ゴリラの、あゴリラの、ゴリラ楽園さ

この場所は俺たちの 古里じゃないが
ジャングルはジャングル 親しみ感じる

1のジャングルの曲と同じメロディの部分は歌詞も同じにした。


□ テクノステーショントップ > スーパードンキーコングあれこれ > BGMオリジナル歌詞 □ 1つ戻る