ファンタスティックアニマルズ1 ファンタスティックアニマルズ2 



ストーリー
~遥か天空の彼方へ…~

広い海の真ん中に…とある島がある。
この島は…アニマルズレインボーアイランドだ。
アニマルズレインボーアイランドには計り知れないほど多くの動物達(アニマルズ)が生息している。
動物達の種類も様々だ。
そしてレインボーアイランド付近には…もう1つの島がある・ ・ ・ ・ ・

レインボーアイランドふもとの動物天国広場にてある日…
動物達による一大イベント「虹のイルージョン」が行われた…
虹のイルージョンは動物達の統冶者、虹の女神から借りた虹のステッキを使用して行った。
虹のステッキの力により、動物天国を幻想的な世界に包み込み、動物天国は稀に見る盛り上がりを見せた…。
虹のステッキを動物天国の住人が手にしたのは初めてのことだった…。
虹のイルージョン夜の部が終了したのはもう夜遅く…
終了後は動物達は皆一斉に住まいに帰り、すぐに動物天国は静まり返った…。
みんなを魅了させた虹のステッキは、虹のイルージョン実行委員の一員であるワンゴロが翌日に虹の女神へ返すことにしていた…。

翌早朝、目を覚ましたワンゴロは何やら落ち着かない様子だ…。
それで目を覚ましてしまった動物天国住人のニャンコロは友人であるワンゴロにどうしたのかと問いかけた。
話によると…虹のステッキが…消えたとのこと…。
一体どこへいってしまったのか…?
あれは虹の女神様のもの…大変…なんてもんじゃない…。
ニャンコロはすぐに捜索に協力した。
海辺の方へ行ってみると…
そこには植物達の姿が…!?
あの植物達は隣の島「プランターズスカイアイランド」からやってきたやつら(プランターズ)だ。
レインボーアイランド・動物天国に植物達がやってきているなんて…。
珍しい。こんなことあるのか…?ニャンコロにはよくわからなかった…。
ともかく不自然に思い、ニャンコロは恐る恐る茂みから植物達の様子を見ていた。
しかし、ニャンコロは植物達に気付かれてしまった…。
植物達はニャンコロの姿に気付くと、すかさず海に止めてあった船に乗り込んでいった。
立ち去ろうとしているようだ…?
これには怪しさを感じたニャンコロは、ワンゴロや動物天国のみんなに植物達のことを話した。
みんなもやつらを怪しいとみたようだ。
行ってみよう!とワンゴロが促し、ニャンコロとワンゴロは植物達のいたあの海辺へ再び向かった。
とそこでさらにほかの動物天国住人のうちの8名(ピョコミミ、ブーティ、グリッピ、マゴマゴ、
ピピコ、リンキー、クラッキー、レオナルドキング)も一緒についてきた。
みんな気になるようだ…。
あの海辺に着くと…船はまだ停泊していた!
あいつらは立ち去ろうとしている…とニャンコロが説明すると、みんなは急ピッチで船に向かい、そして船に乗り込んだ。
ニャンコロも追い駆け、ニャンコロ・ワンゴロ含む動物達10名は、船の中だ。 植物達にニャンコロ達の存在はまだ気付かれていない…。
一息つくと、すぐに船は発車しだした。間一髪だった…。
ニャンコロ達はひっそりと船の中を歩いていく…。
大人数なので気を抜けない…。いや例え大人数でなくとも… ニャンコロ達はどんどん上に上がり、船の甲板に出た…。
…ん?正面に何やらキラキラしたものが…
あれは…虹のステッキだ…!?まさしく昨日のあの虹のステッキ…!?
やはりやつらの仕業だったのか…!!
みんな許せない…と急いで虹のステッキを取り返しに向かう…
しかし!行く手に植物達が現れた!
ニャンコロ達は植物達に気付かれてしまった…!!!
植物達はニャンコロ達に“返すまい”と襲い掛かる…!
動物達と植物達による戦いが始まった…。
戦いながら虹のステッキを返してもらおうと交渉してるうちに、
やつらの支配する高い塔のような島「プランターズスカイアイランド」(以下スカイアイランド)が間近に見えてきていた。
いつのまにこんなことまで…
ホームシック気味になってきていたニャンコロとワンゴロは、戦いに破れてしまい、
スカイアイランド手前の巨大植物の島に突き落とされてしまった…。
その後、突き落とされたニャンコロとワンゴロは船を眺めていると、船からプロペラが出てきて船が飛び!
スカイアイランドの上の方へと向かっていく。
その船は神秘の船「スカイプランター」という飛行船であった…!
ホームシックなんかになってられない…。それでは終わってしまう…。驚いてる場合でもない。
他のみんなが心配だ…虹のステッキも取り戻したい…!!
強気になったニャンコロ達は、スカイプランンターを追って巨大植物の島を抜け海を渡り、スカイアイランドを登っていく。
途中、一緒に船に乗り込んだ仲間2名(ピョコミミとブーティ)に遭遇した。
2匹もその後ニャンコロ達のようにやられて突き落とされたとのこと。
まだスカイプランターに乗ってる仲間はいるかもしれない…。
無事だろうか…? ともかく今は追い駆ける必要がある!
ふもとの熱帯地区を抜け、その後も「研究都市」や「芸術世界」などスカイアイランドのバラエティに飛んだ様々なエリアを抜けていき、
山頂まで半分くらいのところでスカイプランターに追い付いた。
スカイプランターに残っていたみんなはまだ戦い合っていた。
ニャンコロ達も再び乗り込み、再び戦いに参戦した。
しかし、スカイプランターにいた植物達のボス、キングプランター達との死闘の末、
ニャンコロは、またスカイクルールから突き落とされてえしまった…。
他5名(ワンゴロ、ピョコミミ、ブーティ、グリッピ、マゴマゴ)も一緒に突き落とされた。。
ニャンコロ達が突き落とされた先は…また不思議な場所であった…。
「おかしランド」や「おもちゃの国」などのあるまるで絵に書いたかのようなメルヘンチックで不思議な世界…。
こんな世界に迷い込んでしまった…。
最初は面白がっていたニャンコロ達だが、その世界の周囲には絶壁があり、抜け出すことができない。
もうダメか…と思いながらさまよっているとニャンコロ達はとても現実的な謎の機械を見つける。
ニャンコロ達はなんとなくその機械のボタンを押そうとするとその機械は突然動きだし、ニャンコロ達に襲いかかってきた!
戦いの末、その機械が壊れると突然辺りの様子が変わり現実世界になった。
そう、あの機械は植物達が遊び心で作った近くにいる物にメルヘンチックな幻を見せる幻影マシーン「メルヘンマシーン」だったのだ。
その後、ニャンコロ達はあの絶壁に行くと絶壁は川であった。
川を渡り、ニャンコロ達は引き続きスカイプランターを追ってスカイアイランドを登っていく。
残りの仲間4匹が心配だ…。急ぐべし…
「幽霊の墓場」や「コンピューターポリス」などを抜けいく…
この途中、残りの仲間4匹(ピピコ、リンキー、クラッキー、レオナルドキング)とも遭遇した。
やはり突き落とされた…と。
ピピコはマゴマゴと再会できて大喜びw
虹のステッキはまだ取り返していない…。
仲間は全員ここだ…もう仲間に望みを託すとこなどできない…。
もうスカイプランターに仲間はいないのだから。
ここからはみんなで虹のステッキを取り返すことに集中だ。何とか取り返さなくてはならない。
古里動物天国のみんなはどういう気持ちでいるのはわからないが、ここにいるみんなにしかもうできない…!取り返す!
「幽霊の墓場」や「コンピューターポリス」などを抜け、頂上近くの極寒の地をも抜けていき、ニャンコロ達はついにスカイアイランドの山頂にたどり着いた。
スカイプランターはあそこだ…
ここまで来てもスカイプランターは上にあがっていく。そんな…!?
ニャンコロ達も天空のツタを伝ってスカイプランターを追いかけていく。
そのうちに雲の上まで来てしまった。
しかし!その雲の上にすごい世界が広がっていた!!
ここが植物達の真のアジト「天空王国」だったのだ。
中央にはやつらの城「天空城」がある。
そこでニャンコロ達に気付いた植物達は、自らニャンコロ達をスカイクルールに乗せ、力尽くでニャンコロ達を天空王国から地上に突き落とそうとしてきた!!!
ニャンコロ達はザコ達をけちらしたのち、最後にマストの上で待っていたキングプランターと再び熱い死闘を繰り広げる。
ここで負けるわけにはいかな…
かったのだが、不意を突かれてまたも敗れ、全員がまとめてスカイプランターから突き落とされた。
幸運にもニャンコロ達みんなは天空の木という巨大樹の枝の上に落ち、助かる。仲間は全員揃っていた。
その後、天空城の建っている浮遊大陸のふもとに溝が現れ、そこが開いて中から滝が流れ出し、そこにスカイプランターが入っていく。
それを目の当たりにしたニャンコロ達は天空城に行こうとする…が足場がない…。虹のステッキはあそこなのに…
数時間が過ぎ、もうダメかと思っていた時、強い風が吹き、天空の木に成っていた命の実が落ちて木の中央の空洞に入っていった。
しばらくすると天空の木の内部から水が吹き出し、天空城まで続く虹の橋が現れた。
(命の実を天空の木内部の生命の泉に落とすとこのようなことが起こるのだ)
ニャンコロ達はその虹の橋を渡り、天空城に行った。
虹のステッキは果たしてどこに…。ともかく天空城内部に潜入し、奥へと進んでいった…。
天空城内部には炎や水など様々なテーマの部屋があり、そのテーマにちなんだ様々な仕掛けがニャンコロ達の行く手を阻む。
もちろん植物達も行く先々で現れ、行かすまいとニャンコロ達を翻弄する…。
だが、ニャンコロ達はそれらの様々な仕掛けや植物達を次々とけちらしていく…。
これは…きっと虹のステッキはこの奥だ…
そしてついに……天空城の最奥地(最上階)にたどり着いた!
そうしたらそこには…あのキングプランターが待ち受けていた。
最上階のここはキングプランターの部屋だ…!
キングプランターの座席の裏には、虹のステッキが飾られていた…!
ここまで持ち運ぶなんて…かなりのやり手…。
もちろんキングプランターは黙ってはいない、ニャンコロ達を追い払おうと、戦いを挑んできた!
虹のステッキの返却をかけたキングプランターとの最後の戦いが始まった。
過去何度もやられている相手…ニャンコロ達は怯えるも、怯えてなんていやれない…。
お目当てのものがすぐそこにある…あるのだからここまで来て負けるわけにはいかない…。
キングプランターは案外あっけなく倒れ、ニャンコロ達はあっさりと勝利した。
…と思いきや死んだフリをしていただけだった。。
そして粘り強く戦い続け、ある程度やつを怒らせると、やつは虹のステッキを取り出した!
やつがニャンコロ達に向かって虹のステッキを振りかざすと、虹の光線がニャンコロ達を襲った!
これは…!!!
やつは虹のステッキを振り回し、虹を模した様々な攻撃を仕掛けてくる…!!
恐怖の虹のイリュージョン…!
もの凄い破壊力…美しさ…凄まじさ………!!!
虹のステッキに…こんな力が…!!
虹のイリュージョンが…こんなに怖いなんて…怖いなんて…!
もうだめだ…とてもかなわない…
…………………………………
そんななか、ふとニャンコロ達に何か希望が芽生えた…!
今まで何度も戦ってきた相手…やつの行動はもう読んでいる…
ニャンコロ達は知恵を振り絞り、やつが死んだフリをしたすきに…
やつをオリに閉じ込めた!
もうキングプランターは身動きできない…!
ニャンコロ達はキングプランターから虹のステッキを奪い取った。
事実上、ニャンコロ達は勝利したのだ。ついに勝利できたのだ。
虹の女神と実行委員以外の動物がこの虹のステッキを手にしたのは初めてのことだった…。
キングプランターがうるさい…。
「もう参った、悪さはしないからここから出してくれ…」とキングプランターが言うので、ニャンコロ達は潔く、キングプランターをオリから出してあげた。
虹のステッキを持ってさあ帰ろう、とニャンコロ達は天空上を出た。
がどうやって地上に下りれば……
そう悩んでいると、キングプランターがスカイプランターに乗って現れた。
どうやら古里まで送ってくれるとのこと。
ニャンコロ達は遠慮なくスカイプランターに乗り込んだ。
目的地は…アニマルズレインボーアイランド、動物天国!
スカイプランターは風を切って降下し、あっという間に動物天国に到着した。いい乗り物を所持しているものだ…
ニャンコロ達はキングプランターに別れを告げ、ニャンコロ達の冒険は終わった。
こんな壮大な冒険になるなんて…思ってもいなかったものだ…。
動物天国には心配していた仲間達が待っていた…。
ニャンコロ達は虹のステッキは“あった…取り返した…”と伝えると、ニャンコロ達は大いに歓迎された。
ニャンコロは虹のステッキを実行委員らに渡した。
「よかった。返却日が過ぎてしまったが、今日こそは女神様に返さないとな。」そう言って実行委員らはワンゴロに虹のステッキを渡した。
ワンゴロは「そうだった早く女神様に返さないと…!」とあせりながらニャンコロ達に一旦別れを告げ、すぐさま返却しに向かっていった…。
またいつの日か…
こうして動物天国にいつもの平和が戻ったのであった…。
また夜が来て朝が来た…
そしてまた夜が来て朝が来る…
何事もないことが幸せなのって…みんなには分かりますか?

TO BE CONTENTED...



● テクノステーショントップ > スーパードンキーコング4 > ファンタスティック!アニマルズ > ファンタスティック!アニマルズ~遥か天空の彼方へ…~ > ストーリー ● 1つ戻る
www.000webhost.com